集配指示は自社の営業所で行うが実集配業務は他者に委託する場合、集配事業計画に営業所を記載するのですか?

貨物利用運送自動車事業の回答
利用運送事業では、自ら運送手段を保有しないため、荷物(貨物)の集荷あるいは集配業務を運送委託契約によって他者に委託します。ところが荷物によっては、実際に集荷または集配する業務の指示を物流の効率化などの理由により、自社の営業所内で行うビジネスモデルがよくあります。この場合に、自社の営業所が集配事業計画における営業所となりますか?という問題です。
この問題については、結論的には集配事業計画における営業所にあたります。集配事業計画では、荷物(貨物)がどのような流れでお客様(荷主)の出発地から終着地まで実運送されるのかを記載しますので、営業所が実運送会社(一般貨物自動車運送事業者)であるか否かに関わらず、集配事業のプロセス上にある営業所は、たとえ利用運送事業者(自社)の営業所であったとしても、集配事業計画における営業所として記載します。

 

利用運送マル秘マニュアルをプレゼント
こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所の利用運送業支援サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら