貨物利用運送事業の附帯業務とは、どのような業務ですか?

貨物利用運送自動車事業の回答 
貨物利用運送事業は、トラックなどで自ら実際に運送することはありませんが、荷主のお客様から運送依頼を受ける運送事業者というポジションですから、貨物運送に附帯して行う作業が発生します。具体的には、貨物の荷造りや仕分け、保管、運送代金の立替や取立などがあります。
 ちなみに、利用運送事業の運送手段として航空貨物を使用する航空利用運送事業を行う場合では、特定航空貨物利用運送事業者と特定航空運送代理店業者に認定された事業者に対し、国土交通省の「特定航空貨物利用運送事業者等の認定等に関する指針」通達に基づいて、航空機に搭載する航空貨物のX線検査装置等による爆発物検査(RA検査)を行うことも、この貨物利用運送事業の附帯業務に含まれますので注意が必要です。

 

利用運送マル秘マニュアルをプレゼント
こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所の利用運送業支援サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら