利用運送事業兼業の一般貨物事業者の事業報告は一般貨物だけでよいですか?

貨物利用運送自動車事業の回答 
結論的にはダメです。一般貨物自動車運送事業に係る事業報告書と、貨物利用運送事業に係る事業報告書の両方を提出しなければなりません。これは、同じ運送業の枠内とはいえ、それぞれ別の業態として一般貨物運送事業と利用運送事業とが定義されて、貨物利用運送事業法と貨物利用運送事業法とのふたつの法律に規定がありますので、事業目的が異なる運送業がそれぞれ別個に独立しているためです。
一般貨物と利用運送それぞれの事業報告を行うために、普段から帳簿類の記録はきちんと行うように、伝票等の関係資料等の保存とともにしっかり管理をしてください。また、事業報告手続きの際には、速やかに手続きができるよう、事前に準備をしておくことが大切になります。

 

利用運送マル秘マニュアルをプレゼント
こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所の利用運送業支援サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら