住所の正確な表記が長く、書くのが面倒です。申し込みは略称でもいいですか?


法律関係の書類申請には、略字や略称ではなく、住民票や戸籍の表記に則った正確な住所を使う必要があります。
住所の表記については、日常的に『日本橋〇-〇-〇』のような表記が用いられています。
しかし、これはあくまで略称であり、法律手続では正式な地番表記とは見做されません。
住所が住民票の表記と違う場合、住所の特定ができず受け付けてもらえなかったり、最悪の場合は不許可処分になる可能性もあります。
トラブルを避け、スムーズなパスポートの交付を受けるためにも、申し込みの住所氏名は正確なものをお願い致します。
また、旧字や常用外の漢字など、正確な住所のパソコン入力ができない場合は、お手数ですがFAX(FAX020-4664-6233)でお申込みください。

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
もうパスポートはプロに任せる時代。何もかも自分で準備して手続するのは時間と労力の無駄です。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所のパスポート申請支援サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら