パスポートとは

公開日:  最終更新日:2015/07/28

【パスポートとは】
パスポート~海外で唯一の身分証明書~
 海外で、「私が何人で何ものであるか?」…つまり身分を証明するものとして、唯一無二なものがパスポートです。
 以下のような場面でパスポートの提示が求められた経験がある方が多いのではないでしょうか…
○空港での出入国検査 
○ホテルにチェックインする時 
○トラベラーズ・チェック(旅行小切手)を使用する時等々、
これらの場合、すべて身分証明書=パスポートの提示が求められるはずです。
仮に海外でパスポートを紛失/盗難にあった場合、あなたが正直に国籍・氏名・年齢を言っても、それを証明することができなくなります。それほど、パスポートは重要なのです。海外でのパスポートは他人に預けるのではなく、自己責任の元、厳重に管理しなければなりません。
 仮にパスポートが紛失/盗難によって出てこなければ、現地の日本領事館に行きパスポートの再発行をしなければなりません。ただし、かなりの時間を要することを頭に入れておいてください。

【パスポートの種類】
パスポートは、2種類に区別することができます。
1つは紺色表紙のパスポート…5年の有効期限があるもの、2つめは赤表紙のパスポート…10年の有効期限があるものです。ただし20歳未満の方は、有効期限5年のパスポートしか申請することができません。また2006年度以降のパスポートには、ICが入力されています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら