最短7日~!パスポート申請代行ならクイックパスポート申請支援センター


パスポートは私がご案内します。パスポートを申請するためには、まず最初に戸籍の本籍地と筆頭者をご確認ください。お申込みはその後で十分間に合います。パスポートは私がご案内します。パスポートを申請するためには、まず最初に戸籍の本籍地と筆頭者をご確認ください。お申込みはその後で十分間に合います。

パスポートを取得するならパスポートセンターでパスポート申請が必要です。パスポート申請は出発日時が未確定でも申請は可能ですが、パスポートセンターは平日の日中しか開いていませんので、お仕事がお忙しい方は仕事を休まなくてはいけません。
『自分でできる!』『簡単にできる!』と書いてあるのをみて始めたのに、いざやってみると非常に手間がかかって最終的に『できない・・・』となってしまうのは、これが理由です。しかし、パスポート申請は行政書士に代行が頼めるのをご存知ですか?今すぐ申込みをして、一日も早くパスポートを取得し、かつお仕事を円滑に進めるためにも、新日本総合事務所のような業界No.1エキスパートの行政書士に依頼して、最短最速でのパスポート申請は任せて、ご自身はお仕事を優先した方が絶対お得です!!

 

パスポートの申請をプロに頼めることを知っていましたか?

パスポート申請に行く時間がない!』
『申請のために、平日に仕事を休めない!』
そんな悩みを抱えている方。
パスポートの申請は、代行を頼めることをご存知ですか?
取得代行サービスを利用すれば、何度もパスポートセンターに行く手間もなく、書類の記入も最小限。
できたパスポートを受け取りに行くだけで済んでしまいます。
もちろん、プロに任せれば記入間違いや再申請などのトラブルもありません。
当社なら、料金もリーズナブル。
お忙しい方、出発まで時間がない方、手続きが面倒な方。是非、パスポート取得申請代行サービスを利用してみませんか?

 

パスポートを取得したい
――今日も23時を過ぎてしまった。
時計を見ながら、北川恵子(仮名)はため息をついた。
総務の仕事は、締日の前が特に忙しい。
新卒で就職して5年。下につく人間も増えたけれど、仕事の量はかえって増すばかりだ。
今日も新人のデータ入力ミスをカバーして、自分の仕事はちっとも進まなかった。そのうえ、総務は雑務担当だと思っている営業部から、日々雑用を押し付けられ、その対応もしなくてはならない。
毎日港区の会社と練馬区の自宅を往復して、休みの日にはたまった家事に追われ、後は寝るだけ。肌の手入れも美容院も、最近は新しい洋服を買うのさえ後回しだ。
たまにはリフレッシュがしたい。自分のために思い切り時間を使いたい。
この忙しさが一段落したら、たまっている有休を使って、どこかへ行こう。携帯が鳴っても、仕事のメールが来ても構うものか。
景色と空気のきれいなところがいい。いっそ海外。南の島がいいかな。
想像すると、少し気分が明るくなる。
明日の昼休みに、早速旅行会社のサイトをチェックしよう。
少しだけうきうきと、恵子は家路を急いだ。

連休と有休を利用して、比較的仕事の少ない時期に、ハワイ行きのチケットを抑えた。
同僚や上司への根回しも済み、自分のいない間の仕事の引き継ぎも後輩に教えた。あとは渡航するだけだ。
わくわくと出発の日を数え、スーツケースを引っ張り出しながら、恵子はふと我に返った。
――そういえば、パスポートって…。
前に海外に行ったのは大学生の時。あの時取ったのは、5年だったか10年だったか…。
嫌な予感がして、恵子はサイドボードの引き出しを漁った。
「…切れてる…」
有効期限を二度確かめて、恵子はがっくりと肩を落とした。
出発まで3週間。
新しいパスポートを作ろうにも、平日は夜まで仕事。もちろん、休む余裕などはない。
諦めるしかないのかと、恵子は暗くなった。
「…いや、待って」
そういえば以前、急な海外出張が決まった友達が、パスポートの取得申請代行を使ったとか何とか、聞いたことがあるような。それを利用すれば、何とかなるかもしれない。
急いで確認すると、友達はその時に利用したという行政書士事務所の名前を教えてくれた。
『ネットから申し込めるし、対応も早くて丁寧よ。
安いし簡単だし、パスポートは受け取りに行くだけで済むし。
申請に必要な戸籍抄本の取得代行も、頼めばやってくれるみたい。
所要期間?私のときは、一週間ぐらいでできたかな』
『ありがとう!利用してみる!』
早速法律事務所のサイトにアクセスし、申し込みフォームから必要情報を送信。
すると、なんと翌日には申請書が手元に届いた。しかもほとんど記入は終わっていて、自分で書かなくてはならないところには付箋がついており、分かりやすい。
記入して返送すると、数日後に、
『申請が終わりました』
というメッセージとともに、パスポートの受取証が送られてきた。あとは、都内の指定窓口でパスポートを受け取るだけだ。
学生の頃何度もパスポートセンターに通い、書類の記入不備がどうこう、必要な書類の手配がどうこうと右往左往していたのが、嘘のように簡単だった。
「こんなことなら、もっと早く知ってればよかったな…」
今度パスポートを取る人には、絶対教えてあげよう。
そう思いながら、恵子はうきうきとハワイのガイドブックを広げた。

 

業界No.1のパスポート申請サイトにようこそ!
むずかしいパスポート申請が最短翌日に申請可能!
業界初のERP導入で高品質を実現!
創立16年2000件超の信頼と実績。
お客様満足度95%以上!
なんと言っても業界No.1!
パスポートのことならおまかせください!

 

新日本総合事務所のパスポート申請書類作成サービスなら!

パスポート

パスポート申請代行なら、他にもあるでしょ?』
『他の会社と、なにがどう違うの?』
そう思っている方もおられることでしょう。

新日本総合事務所では、お客様の負担が最小限で済むように、他社とは違う工夫を施しています。

弊事務所のパスポート申請代行の特長は、以下の3点です。

1. 仕事が早い
パスポート取得までにかかる時間は、最短1週間。これは、業界最速のスピードです。

2. 書類の記入が楽
他のパスポート代行の場合、6ページもある申請書を、細かい案内書を読みながら自分で記入しなければなりません。
時間も手間もかかる上、もし間違えた場合は最初から書き直さなくてはならなくなります。
弊事務所のクイックパスポート申請代行なら、書類のほとんどを記入済みの状態でお届け。
お客様はサインをするだけです。
間違える心配もなく、記入に時間を取られることもありません。

3.料金が安い
パスポート申請代行は他にもありますが、手数料が高いところが少なくありません。
弊事務所では現在モニターキャンペーンを行っており、アンケートにお答えいただければわずか7,980円で申請代行を承っています(東京都と神奈川県にお住まいの場合)。

 

弊事務所が目指すのは、『安い』『早い』『丁寧』なサービスを提供すること。
おかげさまで、多くの方にご好評を頂いております。
迷った場合は、是非新日本総合事務所の申請支援サービスをご利用ください。

 

パスポート

パスポートで新日本総合事務所が選ばれる理由

なぜ新日本総合事務所がパスポート申請で業界No.1なのか?
その理由は、創業16年の知識と経験に加え、独自のERPシステムによるマネジメント体制で迅速な対応を実現しています。さらに2000社以上の圧倒的な実績で、ありとあらゆるパスポート申請ニーズに応えられるからです。

項目 新日本総合事務所 A社 B社 C社
開業歴 16年 3年 4年 6年
最短申請日数 最短2日 5日 不明 7日
実績 2000件超 100件 不明 不明
情報セキュリティ ERP導入済み 不明
(パソコン?)
不明
(パソコン?)
不明
(パソコン?)
料金 ¥7,980~ ¥8,400 ¥15,000 ¥42,000

 

新日本総合事務所のパスポート申請支援サービスなら!

パスポート申請代行 最短翌日にはパスポート申請が可能です。
パスポート申請代行 申請書は完成しているから、あとはサインを書くだけ!
パスポート申請代行 記入方法と指示が明確だから、誰でも簡単で分かりやすい!
パスポート申請代行 当社自慢の最短・最速スケジュールでパスポート取得可能!
パスポート申請代行 専門のスタッフが対応するため、業界No.1クラスの速さクオリティ&安さを実現!!
パスポート申請代行 もれなく特典もございます。オリジナルの「海外旅行マル秘マニュアル」を差し上げます。
パスポート申請代行 煩雑な手続きの戸籍謄本等の取得代行もできます!(オプションにて対応致します。)

 

海外旅行マル秘マニュアルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『パスポート取得』はできません!
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所のパスポート申請支援サービスをご利用ください!

 

パスポート申請

 

パスポート申請の必要書類

パスポート申請の必要書類

必要書類:
① 署名済みの申請書
パスポート申請用の写真
③ 戸籍抄本
④ 運転免許証、もしくは以前のパスポート
⑤ モニターアンケート等関連書類

パスポート申請に必要な書類は、上記の4点です。
①のパスポート申請書は、お申込みいただきました情報を元に作成してお送りしますので、あとはサイン欄にご署名いただき、代理申請する委任欄にご記入いただくだけでOKです。
パスポート申請で、一番トラブルになりやすいのが顔写真です。まず撮影半年以内もの、という時間的条件があります。一番良いのは直近となるお申し込み時に【証明写真撮影ボックス】で撮影していただくことです。写真審査は大変厳しく、再撮影を求められることがしばしばありますので、外務省のパスポート用写真案内のページを一度ご確認いただくことをお勧めします。よくあるポイントとしては、長髪の髪が目やあごに掛かってしまって顔が判別できない。メガネのレンズにフラッシュが反射して顔(頬)に写り込んでる。カラーコンタクト(カラコン)をしている。写真に折れ皺がある。などです。

× 古い顔写真
× 写真が折れて皺が入っている
× 髪が長く、目やあごが隠れ、顔が分からない
× メガネのレンズにフラッシュが反射している
× カラーコンタクト(カラコン)をしている
× デジカメ撮影によりプリントが粗い
× デジカメ撮影により紙の品質が悪い

厳しい写真審査を1回でクリアするためには、長髪は後ろで縛り、眉や目尻などに髪がかからないようにする。眼鏡をして撮影する場合フラッシュはたかない。できればメガネを外す。カラコンを含めコンタクトをしない。自動撮影機でいいので、証明書用写真機で撮影する。などのコツを守ると良いでしょう。

○ 長髪は後ろで縛り、眉や目尻などに髪がかからないようにする。
○ 眼鏡をして撮影する場合フラッシュはたかない。できればメガネを外す。
○ カラコンを含めコンタクトをしない。
○ 自動撮影機でいいので、証明書用写真機で撮影する。

③の戸籍抄本は、パスポートを申請する本人分だけで結構です。一般に、戸籍というと戸籍謄本のことを指しますので、戸籍謄本をご準備される方がいらっしゃいますが、戸籍謄本だとパスポート申請に関係のない同じ戸籍内の人が全員記載されてしまいますので、【パスポート申請する本人分だけの戸籍抄本でOK】です。住所地の市区町村役場ではなく、本籍地の市区町村役場での申請となりますのでご注意ください。もし、遠方で取得が大変だとか、お忙しくて戸籍を取得するヒマがない、といった方の場合には、戸籍抄本の取得代行もオプションでお選びいただけますので、ぜひご利用くださいませ。
④の運転免許証または以前のパスポートは、パスポート申請者の【本人確認書類】です。公官庁が発行する顔写真付きの証明書が基本となっていますので、運転免許証や現在お持ちのパスポートなどになります。申請手続き時にはいずれも原本を提示して使用するため、原本をお預かりさせていただきますのでご用意くださいますようお願いします。健康保険証等は公官庁発行の証明書ですが、顔写真がありませんので、住基カード(顔写真付き)や年金手帳などと組み合わせて2点使用することになります。

 

パスポート申請手続きの流れ

当サイトでは、3ステップで簡単にパスポート申請のお申し込みをすることができます。

STEP1ホームページよりお申し込み

お名前とご住所は住民票上の正しいものをご記入ください。パソコンに表示できない旧字体のお客様はFAXにてお申込みください。カード決済確認後に書類を作成して発送します。

弊社より書類一式をお送りします。

STEP2申請書類等に記入・署名

書類がお手元に届きましたら、必要箇所にご記入・ご署名の上、以下の書類とともにご返送ください。
必要書類:
① 署名済みの申請書
パスポート申請用の写真
③ 戸籍抄本
④ 運転免許証、もしくは以前のパスポート
⑤ モニターアンケート等関連書類
内容を確認後、パスポート申請に進みます。
申請が済みましたら、運転免許証などとともに、『パスポートの引換証』をお送り致します。この引換証は、パスポートを受け取るときに必要です。
       

内容を確認後、パスポート申請に進みます。

STEP3引換証と運転免許証等をお返しします

パスポートセンターでのお受取り

引換証に書かれている窓口でご本人がお受取りください。
また、弊事務所モニターアンケートへのご回答をお願い致します。

>> もっと詳しく読む もっと詳しく

 

お客様からはこんなお喜びの声を頂きました。

M様(神奈川県)

●東京都 K様
東京都 K様

仕事でなかなか時間がなく、手軽にパスポート申請が出来る方法は無いかと、ネットで調べた所、新日本総合事務所さんのホームページに辿りつきました。内容を読んでいると、まさに今求めている事が書かれていて、こんなに都合の良い事があるのかと驚き、即お願いさせて頂きました。だいたい満足。なかなか時間がない中で、自分がやる事は送られてきた書類に必要な項目を記入するだけ。その上新日本総合事務所さんの対応が丁寧かつ迅速というところが満足でした。ありがとうございました。

●熊本県 Y様
熊本県 Y様

代行サービスの中で一番目立っていた。決め手、料金が安い。仕事が速い。大変満足。こんなに速く書類ができるとは思いませんでした。仕事が確実で料金が安いということです。

>> もっと詳しく読む もっと詳しく

当センターがあなたのパスポート申請のお手伝いをしますので、あなたはお仕事に集中することができます。

 

海外旅行マル秘マニュアルをプレゼント
もうパスポートはプロに任せる時代。何もかも自分で準備して手続するのは時間と労力の無駄です。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所のパスポート申請支援サービスをご利用ください!

 

パスポート申請

パスポート申請にかかる費用

パスポート申請代行センターパスポート申請サポートサービスでは、現在SNSシェアモニター・キャンペーンを行っています。
このサービスを利用すれば、パスポート申請書類がわずか7,980円~で取得できるうえ、最短2日でパスポート申請を始めることができます。

  東京都・神奈川県の方 東京・神奈川以外の方
書類作成標準料金

 

モニターキャンペーン

9,980円

 

モニターキャンペーン適用で
4,980円!

9,980円

 

モニターキャンペーン適用で
4,980円!

パスポート申請代行

 

モニターキャンペーン

6,000円

 

モニターキャンペーン適用で
3,000円!

10,000円

 

モニターキャンペーン適用で
5,000円!

     
合計

 

モニターキャンペーン適用時合計

15,980円

 

モニターキャンペーン適用で
7,980円!

19,980円

 

モニターキャンペーン適用で
9,980円!

     
印紙代
(※パスポート受取時に窓口でお支払い下さい)
10年16,000円
5年11,000円
10年16,000円
5年11,000円

 

オプション  
戸籍抄本取得代行
戸籍謄本
(※お忙しい方、本籍が遠隔地の方など向けサービス)
パスポート申請の必要書類のひとつ、戸籍抄本の申請を代行するサービスです。地方出身で都会で生活している人など、戸籍の本籍地は住所地とは異なりますので住所地の市区町村役場で取得できるとは限りません。結婚や離婚などでも新しく戸籍を作っていますので、戸籍の本籍地の市区町村役場へ申請します。

4,500円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代1020円+申請手数料3,480円)
書留配達証明郵便
書留配達証明郵便
(※普通郵便で書類を送るのが不安な方向けサービス)
郵送サービスでは、お客様の必要書類を普通郵便で郵送しますが、お客様のなかには普通郵便での発送に不安を感じる方もいらっしゃいます。
そこで、郵便局が郵便物を書留として取扱い、宛先へ手渡ししたうえで、かつ郵便物の配達を証明してくれる【配達証明】という制度があります。この配達証明を利用すれば、郵便物の取扱い(消印)から、配達プロセス、最終受取りまでを郵便局が管理しますので、普通郵便より確実性が高く安心です。

3,000円(1回1通分)

*10年、5年ともに同じ料金です。20歳未満はお取り扱いできません。

ご希望の方は、戸籍謄本の取得代行も請け負っております。お気軽にご用命ください。

>> もっと詳しく読む もっと詳しく

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
もうパスポートはプロに任せる時代。何もかも自分で準備して手続するのは時間と労力の無駄です。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所のパスポート申請支援サービスをご利用ください!

 

根拠法令:旅券法

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら