M&Aと後継者問題による事業承継専門「新日本総合事務所」
M&Aと経営企画コンサルティングと法律手続のオフィスです。

文字のサイズ

M&A

クロスボーダーM&Aについて/新日本総合事務所のM&Aノウハウ


Warning: Use of undefined constant turu - assumed 'turu' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mack-inomata/www/solicitoroffice/wp/wp-content/themes/solicitoroffice-wp/module/content-loop.php on line 41

Warning: Use of undefined constant ture - assumed 'ture' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mack-inomata/www/solicitoroffice/wp/wp-content/themes/solicitoroffice-wp/module/content-loop.php on line 49

少子高齢化による国内市場の縮小が深刻な問題となっている今、M&Aを活用して海外進出する企業が増えています。こちらでは国際間で企業の合併買収を行うメリットや、成功させるためのポイントをご紹介します。

国際間でM&A取引を行うメリット

M&Aを行う企業が増えている中で、外国企業との取引を検討されている経営者様も多くいらっしゃるでしょう。クロスボーダーと呼ばれる国際間での取引には、様々なメリットがあります。例えば売り手の場合、国内市場での企業評価額を上回る多額の創業者利益を得られることが期待できます。買い手の場合はコストダウンや、新たな技術・ノウハウの取得が期待できるでしょう。しかし国によって文化や法律が異なるため、簡単にできることではありません。クロスボーダーを成功させるには、事前準備をしておくことが大切です。

プロによるアドバイスの重要性

経営手法の1つとして定着しているM&Aですが、取引の成功確率はあまり高くはありません。クロスボーダーともなると、成功に導くことが非常に難しくなります。事業戦略を明確にし、ターゲット企業を選定して交渉していかなければいけません。また、経済合理性や事業リスクなども考えなければいけません。これら事前準備をしっかり行うためには、経験豊富なプロによるアドバイスが重要になります。成功に導くためには、なるべく早めにadvisoryサービスを提供している企業へ依頼したほうがいいと言えるでしょう。

クロスボーダーの成功事例

年々増加しているクロスボーダーはアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど様々な地域への進出が見られます。その成功事例として挙げられるのがグリコによるインドネシア法人の買収や、マルハニチロによるオーストラリア法人の買収などです。専門アドバイザーを活用してクロスボーダーを成功させている企業は増えてきているので、外国企業との取引を検討されていましたらadvisoryサービスをご利用ください。

新日本総合事務所は多種多様な中小企業のM&Aを得意としていて、クライアント様それぞれの特徴に即してトータルサポートをしています。M&Aのメリットと事例をセミナー形式でご案内していますので、企業の合併買収をお考えでしたらご依頼ください。
事業所名 M&A事例などのご紹介を希望ならM&A友好的事業承継支援センター
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-351
電話 03-6276-7162
FAX 020-4664-6233
URL https://www.solicitoroffice.com/manda/
ページURL https://www.solicitoroffice.com/manda/?p=229
業種 M&A支援/企業法務/株式公開支援/個人法務
事業所特徴 当事務所代表の猪股は、国営の事業引継ぎ支援センターが認定しているM&Aアドバイザーです。
一言 「後継者問題」を抱えているオーナー様も是非、ご相談ください。友好的M&Aを活用して解決することが可能です。