M&Aと後継者問題による事業承継専門「新日本総合事務所」
M&Aと経営企画コンサルティングと法律手続のオフィスです。

文字のサイズ

M&A

M&Aについて/新日本総合事務所のM&Aノウハウ


Warning: Use of undefined constant turu - assumed 'turu' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mack-inomata/www/solicitoroffice/wp/wp-content/themes/solicitoroffice-wp/module/content-loop.php on line 41

Warning: Use of undefined constant ture - assumed 'ture' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mack-inomata/www/solicitoroffice/wp/wp-content/themes/solicitoroffice-wp/module/content-loop.php on line 49

企業の環境変化が激しくになるにつれて、様々な問題が起こり、その中でM&Aという選択をする企業が増加傾向にあります。注目を集め、増加傾向にあるM&Aについてご紹介いたします。

M&Aとは何か?

M&Aを行う企業が増えることで、日本でも徐々に認知されてきましたが、まだ、どのようなことなのかご存知ではない方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。M&Aとは、Merger(合併)とAcquisition(買収)の頭文字を取って略された言葉で「企業の合併買収」のことです。広い意味として、企業同士の提携という意味で使われる場合もあります。大規模な企業ばかりが取り沙汰されていますが、中小企業の件数が圧倒的に多いです。中小企業の場合、親族承継ができないことによる企業の後継者不足対策としてM&Aを行うことが多いです。こういった流れを受けて、日本でも関連のセミナーが数多く開催されています。

クロスボーダー

M&Aを行う上で関わってくることにクロスボーダーがあります。クロスボーダーとは国際間の取引であり、譲渡会社、買収会社のどちらか一方が外国企業であることを言います。クロスボーダーでは双方の文化が融合をすることによって、譲渡会社、買収会社共に規模を拡大し、グローバルな企業に成長することが可能です。また、クロスボーダーでは異なる国の市場に容易に進出することができ、海外ネットワークを使ってさらにシェアを拡大できます。

M&A advisory」について

M&Aを行う場合、アドバイザリー業務を行っているアドバイザーに依頼することになります。アドバイザーは、入り口の部分から契約に至るまでサポートするのが役割です。一般的には、M&A専門会社、金融機関、証券会社、会計事務所等がアドバイザリー業務を行っていますが、新日本総合事務所でもセミナーでM&Aのメリットや事例をご案内するなどM&Aでの会社売却のアドバイザリーを承っております。

会社売買や事業承継や後継者への売却に関する支援が必要な方、M&Aをお考えの方は、新日本総合事務所にぜひご依頼ください。

事業所名 M&A事例などのご紹介を希望ならM&A友好的事業承継支援センター
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1-351
電話 03-6276-7162
FAX 020-4664-6233
URL https://www.solicitoroffice.com/manda/
ページURL https://www.solicitoroffice.com/manda/?p=204
業種 M&A支援/企業法務/株式公開支援/個人法務
事業所特徴 当事務所代表の猪股は、国営の事業引継ぎ支援センターが認定しているM&Aアドバイザーです。
一言 「後継者問題」を抱えているオーナー様も是非、ご相談ください。友好的M&Aを活用して解決することが可能です。