New-Japan Business Consulting
Business strategy reports, business matching and M&A in Japan

文字のサイズ

M&A(Mergers and Acquisitions)

IN-IN

IN-INとは何か?

企業が合併を行う時には、本当に色んな方法というものが採用されます。特にその合併の理由が、国際競争力を強めるために複数の企業をひとつにしたり、業界内でのシェアを広げる、後継者不足を解決するということであれば、その売却や買収をM&Aと呼んでいるのです。このIN-INというのは国内企業同士の合併のことを意味しています。M&Aを考える時に一番「実行しやすい」ということができるでしょう。法律的な部分や、税金の面でもよりシンプルに合併を進めることができますので、多くの経営者がそれを考えていると言われています。もう少し具体的に考えてみましょう。

 

M&Aではアドバイザーのサポートが重要

国内企業同士のM&Aでは、より安定した利益を上げるために自分たちよりも少し小さな規模の会社を参加入れることが多く行われています。特にグループ支配下に置くとか、後継者が育っていない会社を吸収する時には非常に友好的にそのM&Aが進むことが多いのです。それでも確実にそれを成功させるにはファイナンシャル・アドバイザーなどの専門家にサポートを依頼することができます。こうして売却側と買収側がどちらもそのM&Aから最大限のメリットを受けることができるのです。でもなぜファイナンシャル・アドバイザーなのでしょうか。実はM&Aでは合併後にその経営が大きく傾くことがあります。理由としては固定費を含む経費が多くなるからです。その点で財務会計スキルの高いFAならそうしたスリム化をうまく計ってくれることでしょう。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!