New-Japan Business Consulting
Business strategy reports, business matching and M&A in Japan

文字のサイズ

M&A(Mergers and Acquisitions)

決算

決算とは何か?

会社売却を行う時、またその関連のM&Aを行う時にはやはり「決算処理」に関するインパクトも考えることが必要になります。なぜなら損益を大きく計上してしまうと、会社全体の価値というものにも影響が出てきてしまうからです。ですから、決算処理を行う点で大きな影響が出ないということをチェックしてから、有利な条件での行動というものを探していくことが必要になります。特に注意が必要なのは、会社の体系が大きく変わる時です。

 

M&A時の決算には専門アドバイザーが必要

この場合には、多くの人からの理解というものが必要になりますし、行動を起こす際には相談をする必要があるでしょう。もし判断がなかなかしにくいのであれば、早い段階で専門のアドバイザーに相談し、会社売却とかM&Aを行う時期に関しても見定めてもらう必要があるでしょう。考えを整理してから行わないと、大きな損益に直結する場合もあります。ではどんな人がアドバイザーと呼べるのでしょうか。今までは顧問税理士などが一般的でした。さらにM&Aを専門とした法人の相談を行っている専門アドバイザーが必要ですので、こうした点もぜひとも押さえておくべきです。連絡先を登録しておくだけでも、すぐにアクションを取る準備となるのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!