New-Japan Business Consulting
Business strategy reports, business matching and M&A in Japan

文字のサイズ

M&A(Mergers and Acquisitions)

子会社

子会社とは何か?

M&Aでいう子会社というのは、議決権の過半数を所有されて、財務また事業の方針などを支配されている会社のことです。これは一般的に会社法の中で規定されています。実は会社売却などで親会社もしくは子会社が、他の会社の意思決定機関を支配している場合も子会社と呼ばれるので、孫会社なども全て子会社というくくりに入ることがあります。では子会社になることで何かメリットはあるのでしょうか。例えば親会社との交流が強くなったり、親会社のブランドロゴなどを利用することができるようになります。さらに親会社以外の企業からは一切経営に関する口出しを受けることがありませんし、経営者や幹部候補などの援助を受けることも可能になります。

 

M&Aの際はアドバイザーが大切

もし会社売却を行う際には、社員への発表タイミングなどに気を配ることで、グループ経営の中でも高いモチベーションを保ち、企業価値を高めていくことができるのです。もちろん他にも重要なことがあります。その一つは「アドバイザー」と呼ばれる人たちです。こうした人たちがいると、M&Aを行ううえでも、自社の情報だけではなくなかなか検索できない相手を見つけることができるようになります。また売り手と買い手の交渉プロセスも担当してくれますので、過不足の無い取引ができるでしょう。経験豊富な仲介者の存在は、両者がM&Aにおいてウィン・ウィンになるために必要なことなのです。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!