New-Japan Business Consulting
Business strategy reports, business matching and M&A in Japan

文字のサイズ

M&A(Mergers and Acquisitions)

インプライドボラティリティ

インプライドボラティリティとは何か?

このインプライドボラティリティを日本語で表すと、「予想変動率」ということになるでしょう。これは主にオプションとして使われることが殆どなのですが、将来の変動率というものを今のオプション料で予想したものになります。特に市場に参加している人の将来予想、人気、期待がよく反映されると言われています。一般的にこうしたインプライドボラティリティは幾つかの条件を加えることで、逆算しながら必要な結論に至るのです。

 

ブラック・ショールズ・モデル

この数値を計算するのは「ブラック・ショールズ・モデル」と呼ばれるモデルを利用することが一般的です。このブラック・ショールズ・モデルは今持っている資産のボラティリティ、つまりは変動の幅を一定のものとして計算するのです。もちろんこのボラティリティというのは変動することもよくあるので、注意が必要でしょう。もしこの点で、変動率の正確な計算が自分たちではできない、と感じた場合にはどうでしょうか。こうしたことは事前に予測しないと、後から会社の収益に大きな影響を与えるものです。こうした計算を得意としているのは、M&Aの仲介を専門的に行っているアドバイザーなどです。そうした外部の力を借りてでも、しっかりと把握しておきたい数字になります。

 

M&A会社売却のお申込み

ぜひ新日本総合事務所の事業承継・M&Aアドバイザー支援サービスをご利用ください!