古物市場とは何か?

公開日:  最終更新日:2017/02/10

●古物市場とは
古物市場とは、古物商同士が業者間で古物の売買を行う市場のことです。

?と思われる方は、オートオークションを想像いただければわかりやすいと思います。中古自動車を業者間で取引する場所でオークション形式で出品落札する仕組みはなんとなく頭に浮かぶのではないでしょうか。典型的な古物市場の例です。

●利用のメリット
古物市場利用のメリットとしては、買い手側としては、安価で大量に仕入れられる、アイテム数が多いため、よりニーズに近い商品の仕入れが可能になるなどが挙げられます。

但し、相場観もなく落札してしまうと、実は割高になってしまった等というケースもあるので、相場観に自信がない場合、何度か足を運び十分リサーチしたうえで落札に臨むなどの注意が必要です。

次に売り手側のメリットですが、単価自体は一般販売に比べ安くなる傾向がありますが、業者間取引ということで、量をさばける、また在庫の換金が容易にできるなどが挙げられます。

●流通している商品
なお、古物市場では、買い取り専門店の買い取り品、リースアップ品、質流れ品、倒産品などが流通しています。商品については、開催市場により異なりますので、事前に確認が必要です。

●参加の条件
古物市場の参加条件は2つ。

古物商の許可があること、古物市場の主催者の許可を得ることが条件となります。

なお、主催者の許可については、既存会員の紹介が必要だったり、業歴が定められていたりする場合もあり、会場により異なりますので主催者に問い合わせが必要になります。

●古物市場の探し方
最近ではインターネット上でも公開されているところが多いようですが、インターネット上にない情報は、所轄の警察署にある古物市場主名簿を情報開示してもらう方法があります。

方法については、各自治体でことなりますので、所轄の警察署に問い合わせてみてください。
 

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可 申請書作成サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら