こんな時、古物商許可が必要です

公開日:  最終更新日:2017/02/09

古物営業法で定められた古物の売買を行う際に、古物商許可が必要となります。

では、そもそも古物営業法で定められている古物とは何か説明したいと思います。

古物営業法第2条で、

「古物」とは、一度使用された物品若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

と定められています。

これについて何が該当するのかを考えるよりも、何が該当しないのかを説明したほうが分かりやすいと思います。

●古物から除外されるもの
食品、庭石、空き箱、空き缶、金属原材料、被覆いのない古銅線類、航空機・鉄道車両・20t以上の船舶・5tを超える機械(船舶、自走できるもの、けん引される装置があるものは除く)などは、古物から除外されます。

これらに該当するもの以外で、

1.一度使用された物
2.未使用でも使用のために取引された経歴のある物
3.1・2にに、幾分の手入れをした物品

が、古物として扱われ、これらを

1.買い取って売る場合
2.買い取って使える部品等を売る
3.別の物と交換する
4.国内で買った古物を国外に輸出して売る

場合、古物商の許可申請が必要になります。

 

 
許可申請書類作成お申込み

古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可 申請書作成サービスをご利用ください!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら