どのくらいの期間がかかるのか?

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請手続のながれ

お申込みは必ず3週間前までに!

ドローン無人航空機の飛行に関する許可・承認を取得するには、飛行区域管轄の国土交通省(最寄の航空局)で許可申請をします。ドローン無人航空機の飛行に関する許可・承認申請の許可まで要する期間は、申請した日から数えて約10日開庁日(約2週間)程度です。
ドローン無人航空機の飛行に関する許可・承認は、手続申請後に国交省航空局での書類審査または現地調査が行われます(事案による)。したがって、実際にドローンを飛ばしたいと考えている飛行計画日から逆算して約3週間(15開庁日)前には弊事務所にお申込みをいただいて事前審査に回さないと、飛行許可が間に合わなくなってしまいますので注意が必要です。また、実際の申請に当たっては、書類が全てそろった完全な状態でなければ受付をしてもらえませんので、弊事務所にお申込みいただく事前審査の段階でドローンや飛行計画など、必要なものはすべて準備しておいてください。ちなみに、現地調査は日程調整のうえ行われることが多いですが、調査に備えて申請書を作成するように、しっかり事前準備をしましょう。問題なく審査が終わると、許可・不許可に拘わらず航空局担当者から、許可証発行有無の連絡があります。何事もなくドローン無人航空機の飛行に関する許可・承認が下りれば、めでたく無人航空機の飛行に関する許可・承認証が発行されます。

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所のドローン飛行許可支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら