準備するもの

ドローン飛行許可のために必要な書類

ドローン飛行許可の必要書類
無人航空機の飛行に関する許可・承認申請の手続書類は、以下の通りです。

1.無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書
2.飛行の目的
3.飛行の日時
4.飛行の経路(飛行の場所)
5.飛行の高度
6.無人航空機(ドローン)と操縦装置(プロポ)の名称、製造者、重量、製造番号、写真等
7.無人航空機(ドローン)の最高速度、最高到達高度、電波到達距離、飛行可能風速、最大搭載可能重量、最大使用可能時間等、性能に関する事項
8.無人航空機(ドローン)を飛行させるために必要な知識及び能力
9.安全確保のために必要な体制
9.ドローン改造の有無と適正動作の確認
10.飛行させる区域の広域図(衛星写真)と詳細図
11.ドローン操縦士の氏名・住所・飛ばすことができるドローンの機種、飛行時間、能力等、訓練機関の認定証

 

無人航空機の飛行に関する許可・承認の法人申請

ドローン・無人航空機の飛行に関する許可・承認申請を行うには、次の書類を提出する必要があります。
1.無人航空機の飛行に関する許可・承認許可申請書
2.ドローンの仕様
3.飛行計画
4.飛行させる区域の広域図(衛星写真)と詳細図
5.無人航空機の機能・性能に関する基準適合確認書
6.無人航空機の運用限界等
7.無人航空機の追加基準への適合性
8.無人航空機を飛行させる者一覧
9.無人航空機を飛行させる者に関する飛行経歴・知識・能力確認書
10.無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性
11.飛行マニュアル
12.無人航空機の点検・整備記録

 

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請は、法人でのビジネス申請・個人での趣味での申請ともに1~10までの書類は全国共通です。またお客様様自身にご用意いただく6~8の書類も併せて必要となります。
また2~4の書類に関しては、管轄の航空局と事案によって求められる内容が変わりますので、ネットでダウンロードした地図がそのまま使えるとは限りません。
このように、12種類以上に亘る書類を飛行のタイミングをみて作成・準備しなければなりません。そのため、自分でやろうとして出来ず、諦めてしまっている方が多いのが>無人航空機の飛行に関する許可・承認の実態なのです。その面倒臭い許可申請書類だけプロにまかせれば、飛行計画に目が回るほど忙しい事業者様でもドローン許可を取得していただけます。

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請に関する書類を文章として記載すると、「なんだこの書類を集めればいいのか!」「簡単に申請できそうだ!」と思われるかもしれません。しかし、いざ申請書類を準備し始めると、いくつもの分からない疑問点や知らないうちに資料の不備が生じたりして、想像以上に時間の労力・精神的ストレスを負ってしまいます。
一日も早く無人航空機の飛行の許可を取得して、毎日の営業をスムーズにするためにも、新日本総合事務所のようなエキスパートのプロに依頼を考えるべき手続です。ぜひ書類はプロの新日本総合事務所におまかせください!

 

何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経ってもドローンは飛ばせません!

ビジネス用のドローン飛行許可お申込み

個人用のドローン飛行許可お申込み

ドローン
ぜひ新日本総合事務所のドローン無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書作成サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら