ドローン・無人航空機飛行許可書取得支援センター


ドローンは私がご案内します。ドローンを飛行許可するためには、まず最初に飛行させる区域の図面(衛星写真)とドローンの仕様書をご用意ください。お申込みはその後で十分間に合います。ドローンは私がご案内します。ドローンを飛行許可するためには、まず最初に飛行させる区域の図面(衛星写真)とドローンの仕様書をご用意ください。お申込みはその後で十分間に合います。

ドローンと無線航空機を飛ばすなら、東京・霞ヶ関の国土交通省で飛行許可を申請する必要があります。ドローンの飛行許可は、よく免許と間違えられますが、正式には免許ではなく「許可」です。この許可を取得するためには、①誰が、②いつ、③どこで、④どんなドローンを、⑤どのように飛ばすのか?という5W1Hをクリアにして書面化することが求められます。ドローン飛行許可申請は書式は共通ですが、ドローン/場所/などによって書類の内容が異なりますので、ネットでダウンロードした書式がそのまま使えません。
『自分でできる!』『簡単にできる!』と書いてあるのをみて始めたのに、いざやってみると『できない・・・』となってしまうのは、これが理由です。ドローン飛行許可を取得支援して、予定通りスムーズにドローンを飛ばして仕事をサクサク進めるためにも、新日本総合事務所のような業界No.1エキスパートに依頼して、最短最速のスタートを優先した方が絶対お得です!!

 

ドローン飛行許可とは?

森田健太郎さんは、東京都港区に勤める映像プロデューサーです。
CMや企業のプロモーション映像、レコード会社のPV用といった資料用動画の撮影を専門に手掛ける会社で仕事をしていますが、最近は映画やテレビが4Kに移行しつつあるし、VRやARといった新しい技術が登場してきていて、新しい映像企画の提案を求められることが多くなってきました。しかしながら、フルCGやヘリ空撮はコストが掛かりすぎてクライアントからオーケーが出ることは期待できない。そこで、まだまだ撮った本数が少なく、かつ低予算でも新しい画が撮れるドローンを使った空撮にチャレンジしています。
ドローンとは、元々「オスの蜂」という意味だけれども、今ではもうラジコンで操作する無人航空機という認知が進み、ホーバークラフトのように本体から4つの回転翼がついてヘリコプターのように滑空飛行をする飛行機のことだ。このドローンだが、1万円くらいで買える小型のおもちゃのようなものから、数万円を越えるプロ・ユースの商用ドローンまで千差万別で、とくに商用ドローンについては、空撮だったり、橋梁といった人が立ち入りにくい場所の検査目的のために、動画撮影のカメラを搭載して飛ばせることが一般的になってきている。
しかし、このビジネス目的のドローンは、カメラを搭載すると200gという重量規制に抵触するため、どんなに小さなドローンであっても規制対象空域では飛行するために許可を取らなければいけない。例えば、ナイアガラのような大きな滝を滝壷の上から撮影したら、最高にダイナミックな映像が取れるけど当然許可が必要だし、夏の海水浴客で賑わうビーチの映像なんて魅力的だけど、人が多数いるところでの飛行許可を取得するのは高度な申請になる。こちらは、絵になる動画が取れればいいのだけど、国土交通省の役人から法律用語でいちいち質問されても分からんし、説明しても言葉が通じないから骨が折れる。これでは、仕事で現場に行く前に時間ばかり取られて、ぜんぜん作業が進まない。なんとかならないものか?そんなときにGoogleで検索したら、新日本総合事務所のサイトが出てきた。
ドローン飛行許可が最短翌日?新日本総合事務所は聞いたことがあるけど…』
説明を読むと、ウェブから申込みをするだけで最短2日間で申請でき、特別な手数料や税金といった印紙代も不要で、許可後はスムーズにドローンを飛ばすことが可能と書いてあります。
興味を持った森田さんは、ホームページを作っている新日本総合事務所に連絡を取って、詳しい話を聞きました。
『あの、今こういう映像の撮影を考えていて…ホームページを見て、ドローン飛行許可についてお伺いしたいのですが』
『なるほど。そのケースなら、ドローン飛行許可がお勧めですよ』話を聞いた行政書士は、こう言いました。
『そうなんですか…でも、申請手続きや、書類関係がよく分からなくて…。申請しようにも、メンバーも勤め人が多くて、平日に仕事を休んで霞ヶ関にもいけないですし』
『ご安心ください。それなら、弊事務所で手続きをお手伝いしますよ。ウェブからお申込みできますし、安く済みます』
『そうなんですか!?それなら、ぜひお願いしたいです。』
会社の同意を得て、早速森田さんはドローン飛行許可を取得することになりました。
新日本総合事務所のホームページから申請書類の申し込みをすると、なんと次の週には書類が送られてきました。書くべきところが少ないので記入が簡単で、しかも、分かりやすい説明書きもついています。これなら、間違えることもありません。
説明に従って書類を作成し、出来上がったものを申請して、わずか数日。
森田さんのもとに、ドローン飛行許可証が届きました。
申し込んでから1週間も経っていないのに、これでドローンが飛ばせるようになったことになります。
森田さんは、実質半日会社を休んで手続きをするだけで済んでしまいました(こんなに簡単に許可が取れるなんて、夢みたいだ)。
その後、許可を取得する場合のアドバイスももらった森田さんは、無事にドローン動画空撮ビジネスを立ち上げることができました。
今は新規の映像企画に全国あちこちのロケーションを提案し、提案と撮影の両方に忙しく、充実した日々を送っています。

 

業界No.1のドローン飛行許可サイトにようこそ!
むずかしいドローン飛行許可が最短翌日に申請可能!
業界初のERP導入で高品質を実現!
創立16年2000件超の信頼と実績。
お客様満足度95%以上!
なんと言っても業界No.1!
ドローンのことならおまかせください!


 

ドローン飛行許可

ドローンで新日本総合事務所が選ばれる理由

なぜ新日本総合事務所がドローン飛行許可で業界No.1なのか?
その理由は、創業16年の知識と経験に加え、独自のERPシステムによるマネジメント体制で迅速な対応を実現しています。さらに2000件超の圧倒的な実績で、ありとあらゆるドローン飛行許可ニーズに応えられるからです。

項目 新日本総合事務所 A社 B社 C社
開業歴 16年 6年 2年 6年
最短申請日数 最短1日 不明 不明 不明
実績 2000件超 不明 不明 不明
情報セキュリティ ERP導入済み 不明
(パソコン?)
不明
(パソコン?)
不明
(パソコン?)
料金 ¥19,800~ ¥28,000 ¥39,800 ¥25,000

 

ドローン飛行許可の申請は新日本総合事務所へ!

ここ数年の間で急激に話題になってきたドローン。
ドローンとは、無人での遠隔操作や自動制御できる航空機のことを指します。海外ではすでに配送用として使われている他、YouTubeにはドローンで空撮している映像が大量にアップされています。他にも、人間が入れない危険な場所における監視業務や農薬散布用など、娯楽用・産業用として使われています。

しかし「便利そうだから、すぐドローンを買って飛行させよう!」と思っても、実はそう簡単にはいきません。ドローンによる落下事故などが頻発したことを受け、2015年12月に航空法が改正されました。法律改正により、日本においてドローンを飛行させるためには、飛行前の許可申請が必要となっています。
「許可申請と言われても、つい最近ドローンを買ったばかりで右も左もわからないよ。」という方も多いと思います。新日本総合事務所(以下、弊事務所)では初心者でも分かるようにドローン飛行許可申請の全体像をまとめています。

 

許可取得の目的

申請は面倒であっても、ドローンの持っている可能性自体はかなり魅力的で、娯楽用・産業用としての有効活用にかなり期待が持たれています。
実際、アメリカでの話になりますが、Amazonやウォルマートは商品の配送にドローンを活用し、配送コストをかなり下げていることがニュースで話題になっています。
許可を取得したいということは、必ずドローンの使用目的があるはずです。それを明確にしておきましょう。
大別すると仕事か趣味かに分かれます。
仕事であれば空撮や、農薬散布であれば農林水産業などいくつかのカテゴリーに分かれます。

弊事務所では、「ドローンを使ってみたいが、申請がちょっと。。」という方向けに時間と手間のかかる申請書の作成や手続きを代行業務を行っております。
プロの行政書士が担当していますので、ドローンについての基礎知識をお持ちでない方、大量の申請を短期間で裁かなければならない時間的制約のある方などは、1日も早くドローンの飛行許可を取得するためにも、弊事務所をご活用いただく方が必ずお得です!

 

ドローン飛行許可

ドローンの飛行許可に必要なもの

では、ドローンを飛行させるために必要な、無人航空機の飛行に関する許可・承認申請の手続書類は、以下の通りです。

申請手続の必要書類

>> もっと詳しく読む もっと詳しく

 

ドローン飛行許可取得支援の流れ

ドローンを飛行許可したいけれど、手続きがよく分からない』『仕事が忙しく、申請にかける時間がない』

当サイトでは、3ステップで簡単にドローン飛行許可のお申し込みをすることができます。

STEP1ホームページよりお申し込み

お名前とご住所は住民票上の正しいものをご記入ください。カード決済確認後に、申請書類を国土交通省航空局へ送って事前審査を受けます。国交省の事前審査をパスしましたら、完成した書類をお客様へお送りします。

弊社より書類一式をお送りします。

STEP2申請書類に記入・書類

お送りしました申請書類にご署名・押印の上、お客様の管轄航空局で申請ください。ご記入が終えましたら、モニターアンケートのご返信をお願いします。

STEP3役所での申請手続&モニターへの回答

国交省で無人航空機の飛行に関する許可・承認申請

許可が出たら、ドローンを飛ばすことができます。!

 

>> もっと詳しく読む もっと詳しく

 

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所のドローン飛行許可支援サービスをご利用ください!

 

ドローン飛行許可

ドローン飛行許可にかかる費用

ドローン飛行許可支援センタードローン飛行許可サポートサービスでは、現在SNSシェアモニター・キャンペーンを行っています。
このサービスを利用すれば、ドローン飛行許可がわずか19,800円で完了するうえ、最短一日でドローンを飛行させ活動を始めることができます。

項目 費用
通常手数料

SNSシェアモニター・キャンペーン
適用手数料

39,800円(税抜)

SNSシェアモニター・キャンペーン適用なら!
19,800円(税抜)!

オプション

無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書類の印刷
無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書類の印刷
(※無人航空機の飛行に関する許可・承認申請を少しでも早く・安く・上手く新規取得したい方向けサービス)
本サービスは、お客様の無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書類を作成し、PDFファイルを電子メールで送るのが標準サービスですが、この印刷をお選びいただくと、印刷し作業指示の付せんを貼った無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書類をお送りします。作業箇所と内容が一目瞭然なので、間違えることなく一発で無人航空機の飛行に関する許可・承認申請が可能です。

3,000円
会社定款変更手続き
会社定款変更手続

(※ドローン飛行を事業とする会社の場合、会社の事業目的に「無人航空機の飛行」or「無人航空機の飛行による撮影」or「無人航空機の飛行による農薬散布」or「無人航空機の飛行による運送」が含まれていない場合、許可申請の事前に定款変更と新定款の作成が必要です。)

会社の事業目的に「無人航空機の飛行」が含まれていない場合、この事業目的がないと、会社の事業として無人航空機の飛行を営むことができません。

40,000円(1社様1回分、印紙代別)
法人登記簿謄本取得代行
法人登記簿謄本取得代行
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
本店管轄の法務局で新規取得する「履歴事項全部証明書」の申請を代行します。お忙しい、分からない、法務局へ出向くのが面倒だ、といった方はぜひご利用ください。

4,500円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代1020円+申請手数料3,480円)
個人住民票取得代行
個人住民票取得代行
(※お忙しい方、遠隔地の方向けサービス)
住民票の新規取得を代行します。住民票は住所地の市区町村役場で新規取得しますが、世帯用と個人用、記載事項に3種類のバリエーションがあるため、間違って新規取得してしまうと古物商許可申請で使用できず、再新規取得が必要になる場合があります。比較的身近な証明書類の「住民票」ですが、数多くのバリエーションのなかから許可申請用のものを選んで新規取得するのは意外と難しいです。

4,500円(1回1名様1通分)
(手続実費・郵便代1020円+申請手数料3,480円)

書留配達証明郵便
書留配達証明郵便
(※普通郵便で書類を送るのが不安な方向けサービス)
郵送サービスでは、お客様の必要書類を普通郵便で郵送しますが、お客様のなかには普通郵便での発送に不安を感じる方もいらっしゃいます。
そこで、郵便局が郵便物を書留として取扱い、宛先へ手渡ししたうえで、かつ郵便物の配達を証明してくれる【配達証明】という制度があります。この配達証明を利用すれば、郵便物の取扱い(消印)から、配達プロセス、最終受取りまでを郵便局が管理しますので、普通郵便より確実性が高く安心です。

3,000円(1回1通分)

>> もっと詳しく読む もっと詳しく

 

ドローン飛行許可

こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所のドローン飛行許可支援サービスをご利用ください!

適用法令:航空法航空法施行規則

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら