冷静に考えてクーリング・オフを希望する場合というのは、口頭による契約成立であることが多く、いつが本当の契約の成立時期ですか?

クーリングオフの回答
冷静に契約を見直した際に、自分の意思とは違った契約であったときに気づいた時から(参照:民法93条・同法95条)

自分でやろうとするのは失敗のリスクと隣り合わせの労力の無駄で
時間ばかりが過ぎて、いつまで経っても『契約解除』はできません!
こちらのボタンをクリックして、今すぐお申込みください。
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込むキャンペーン参加せず、定額で申し込む

新日本総合事務所のクーリングオフ代行サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら