行政書士 新日本総合事務所(JR・京王・小田急・地下鉄新宿駅南口、東京都渋谷区)
株式公開支援
M and A支援
企業法務
個人法務
事務所概要
行政書士 新日本総合事務所(東京都新宿駅南口)のサービス

TOP > 許認可取得支援 [ 回送運行許可/ドキュメントBU ]
文字のサイズ 小 中 大

許認可取得支援

回送運行許可 (■ドキュメントBU)

回送運行許可

回送運行をしたい

回送運行許可とは、自動車の販売業・陸送業・製作業・分解整備業者が、業務遂行中に車検の切れた自動車または抹消済みの自動車を車検を受ける・登録をするという目的に限って一時的に道路を運行することができる特例的な許可制度です。この許可制度の特徴は、1回許可を取得すると仮ナンバーとは異なり1枚のナンバープレート(業者間では「ディーラーナンバー」と呼ばれています)を一定の貸与期間中複数の自動車に使用できるという、使い勝手のよい便利なプロ向けの専用許可制度になっていることです。

回送運行の範囲

●回送運行許可番号標(ディーラーナンバー)が使える範囲は、業者毎に定められる許可により決まっています。
業者別回送運行の定義 目的
販売業 販売する自動車の展示・整備・改造または販売した自動車の納車もしくは仕入れた自動車の引き取り、あるいは販売や仕入れに伴って必要となる車検・登録・封印のために回送が必要な自動車 自己の営業所と仕入先や納品先、整備工場、展示場、顧客所在地、運輸支局(車検場)、自動車置場、車体架装工場間の回送
陸送業 自動車を回送する一定期間の業務委託契約に基づき、指示された場所間を回送する自動車 委託者の指示する場所間の回送
分解整備業 車検のために回送が必要な自動車 車検のために分解整備する自動車の引き取りまたは車検のために分解整備した自動車の引き渡し、あるいは車検のために分解整備した運輸支局(車検場)までの回送
製作業(架装) 自動車の製造に係る回送が必要な自動車 自社工場と依頼者、車体架装工場、自動車置場、テストコース間の回送

申請に必要な書類等について

●回送運行許可申請書
●履歴事項全部証明書(住民票)
●運転者等に対する法令関係研修の実施計画
●社内取扱内規
●管理責任者等の営業所への配置計画
●製作、陸送、販売又は分解整備を業とすることの書面
●直前3ヶ月間の製作、販売又は陸送の実績
●運転者名簿
●回送委託者一覧表
●分解整備を伴う車検実績及び臨時運行実績を証する書面

許可手続の概要

事業を始めるにあたって国土交通省(営業所を管轄する陸運支局)に許可申請を行い、社内取扱内規を定めて、運輸局長の許可を受けなければなりません。
●陸運支局へ許可申請

専門の行政書士をご利用ください

行政での許認可に関しては、各種法令に精通し適切な証明書類等での手続が要求されます。行政書士が手続を行なう際には、それぞれの法令や役所等での実際の取扱い状況にまで留意しております。弊事務所ではさまざまな観点から適切なアドバイスができるよう、またお客様に安心して事業等に集中していただけるよう心掛け、最短・最速な無駄のない手続を実現します。役所等への許認可申請等の場合には、ぜひ行政書士 新日本総合事務所をご利用ください。回送運行許可の監督官庁は国土交通省です。国土交通省のサイトはこちらです。
面談を予約する
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ
許認可取得支援
事務所概要
面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


Copyright
日本行政書士会連合会 東京都行政書士会 戦略法務研究会
株式会社&行政書士 新日本総合事務所 Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.