行政書士 新日本総合事務所(JR・京王・小田急・地下鉄新宿駅南口、東京都渋谷区)
株式公開支援
M & A支援
企業法務
個人法務
事務所概要
行政書士 新日本総合事務所(東京都新宿駅南口)のサービス

TOP > M & A > M&Aの手法【株式交換・株式移転】 [ M&Aのお役立ち情報 ]
文字のサイズ 小 中 大

M&A支援

M & Aのお役立ち情報

M&Aの手法【株式交換・株式移転】

M&Aの手法でいう株式交換・株式移転とは、売り手会社の既存株主がその保有株式を買い手会社に譲渡し、買い手会社はその対価として自社株式を割り当てる手法です。
既に存在している会社を完全親会社とするのが株式交換で、新たに完全親会社を設立するのが株式移転です。
メリットとしては、まず各株主から同意を得なくても全株式を取得できることが挙げられます。株式譲渡であればA会社がB会社の全ての株主の同意を得て譲り受けなければB会社を完全子会社化とすることができませんが、株式交換であれば全株主の同意を個々に得る必要がありません。
また、合併や会社分割よりも組織統合の時間、費用が避けられますのでより早く相乗効果を発揮することができます。
そして株式譲渡の場合、大部分の株式を取得できたとしても少数株主を排除することはできませんが、株式交換の場合は強制的に少数株主を排除することができますので、買収する会社に対する支配権がより強いといった点があります。
さらに買収資金が不要であること、TOB規制が適用されないといったメリットがあります。
TOB規制(株式公開買い付け)とは、会社支配権等に影響を及ぼし得るような証券取引について、透明性・公正性を確保するための制度で、取引所市場外で株券等の大量の買付け等をする場合、あらかじめ買付者が買付期間、買付数量、買付価格等を開示する必要があります。

M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
もっと知りたいときはこちらからどうぞ
詳しい資料を請求する
面談で相談する

面談を予約する
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ
M&A(Mergers and Acquisitions)
事務所概要
面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


Copyright
日本行政書士会連合会 東京都行政書士会 戦略法務研究会
株式会社&行政書士 新日本総合事務所 Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.