行政書士 新日本総合事務所(JR・京王・小田急・地下鉄新宿駅南口、東京都渋谷区)
株式公開支援
M & A支援
企業法務
個人法務
事務所概要
行政書士 新日本総合事務所(東京都新宿駅南口)のサービス

TOP > M & A > M&Aの手法【新株発行】(第三者割当増資) [ M&Aのお役立ち情報 ]
文字のサイズ 小 中 大

M&A支援

M & Aのお役立ち情報

M&Aの手法【新株発行】(第三者割当増資)

M&Aの手法でいう新株発行の第三者割当増資とは、売り手会社が新株を発行して、買い手会社が売り手会社の議決権の過半数を取得します。
メリットとしては資金調達が容易なことが挙げられます。
新株発行は本来資金調達のための手段であり、売り手はまとまった資金を調達できますのでこの資金を利用して早期に経営を再建することができます。
また、法律上、事実上の制約が少ないといったメリットもあります。
新株発行は株主が変動するだけですので、売り手の資産、負債は増減せず契約関係や行政上の認可の影響も受けません。
デメリットとしては、株式譲渡と比べて手続が煩雑であることです。売り手会社は発行する新株の種類、数、発行価格等の新株発行事項を取締役会で決定する必要があります。
その後、売り手会社は新株の種類、数、発行価格、払込期日、募集方法を広告し、又は株主に通知しなければなりません。
また、第三者に特に有利な発行価格(実務上、時価から10%程度を超える減額)で新株発行する場合は株主総会の特別決議が必要となります。
M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
もっと知りたいときはこちらからどうぞ
詳しい資料を請求する
面談で相談する

面談を予約する
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ
M&A(Mergers and Acquisitions)
事務所概要
面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


Copyright
日本行政書士会連合会 東京都行政書士会 戦略法務研究会
株式会社&行政書士 新日本総合事務所 Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.