行政書士 新日本総合事務所(JR・京王・小田急・地下鉄新宿駅南口、東京都渋谷区)
株式公開支援
M & A支援
企業法務
個人法務
事務所概要
行政書士 新日本総合事務所(東京都新宿駅南口)のサービス

TOP > M & A > M&Aの手法【株式譲渡】 [ M&Aのお役立ち情報 ]
文字のサイズ 小 中 大

M&A支援

M & Aのお役立ち情報

M&Aの手法【株式譲渡】

M&Aの手法でいう株式譲渡は、売り手が買い手に株式を売却する方法です。通常は現金を売り手に渡します。
買い手が個人ではなく、通常は会社なので売り手の会社は、買い手の会社の子会社となります。
中小企業のM&Aにおいて最も多く利用されています。
メリットとしては、売り手の株式譲渡益に課せられる税率は20%(非公開会社)なので、税引き後の手取現金が多いこと、売り手の会社が株式の譲渡に取締役会の承認が必要ならば、取締役会で済む、と手続が容易であること、売り手と買い手が別法人であり、企業間の文化摩擦があまりないことなどです。
デメリットとしては、売り手の会社に引き継ぎたくない資産、負債があっても引き継がなくてはならず、特に海外の債務がある場合は問題となること、別法人なのでグループとしての融合が遅く、相乗効果が表れるのが遅いことなどがあげられます。
株式譲渡の流れは、まず買い手と売り手が譲渡額等の条件につき合意をする→買い手と売り手が株式譲渡契約を締結→売り手が取締役会に譲渡の承認を依頼→取締役会にて承認→株式の引渡し・譲渡対価の支払い、となります。
M&A資料「成功するM&Aの提要」のご請求(無料)
成功するM&Aの提要
もっと知りたいときはこちらからどうぞ
詳しい資料を請求する
面談で相談する

面談を予約する
お気に入りに追加
はじめてのお客様へ
M&A(Mergers and Acquisitions)
事務所概要
面談を予約する
行政書士 新日本総合事務所
日本行政書士会連合会登録
東京都行政書士会会員
代表行政書士 猪股 真
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1-351


Copyright
日本行政書士会連合会 東京都行政書士会 戦略法務研究会
株式会社&行政書士 新日本総合事務所 Copyright (C)Makoto INOMATA & New-Japan Solicitor Office 2003 - 2013. All Rights Reserved.