FC(フランチャイズ)に加盟する場合はどうなりますか?

許可申請の回答
リサイクルショップといった古物商ビジネスでも、フランチャイズ(FC)展開をやっているチェーン店があります。もしそこに加盟しようとした場合は、加盟料を納めたりやロイヤリティ(知的財産権使用料)を支払い研修に参加しなければなりませんで、メリットばかりではありません。メリットとデメリットをよく検討するように気をつけたいところです。また古物商ビジネスでは、品物を仕入れたり販売したりする際はすべて現金でのやり取りが基本です。例えば、リサイクルショップでの商品の仕入れの多くは、委託販売か品物を持ち込む一般消費者からの買い取りかのどちらかです。それも買い取りで行われるのは現金による清算です。
店舗ではいわゆる日銭が入りますので、それで一般消費者などから商品を仕入れ店の運転資金に充てる仕組みなのです。さらに古物商では、取扱う商品によっては、店舗を構えずに商売ができる場合があります。具体的には、通信販売でも十分にやれる場合があるのです。いまならパソコンやスマートフォン(スマホ)を使ってインターネットでビジネスをすることが可能になっています。パソコンなら商品や顧客の管理は手軽にできるし場所もとりません。なにより人件費がかからないのが大きなメリットです。例えば中古ゴルフクラブ販売店では、商品を買い取る際の査定にパソコンを導入し、査定ポイントを①製造メーカー、②ブランド、③ヘッドの素材、④ロフト角、⑤シャフトの長さ、⑥キズの程度など、査定をアルバイトでも出来るようにマニュアル化して効率を上げることによって実現しています。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら