許可申請はどこでするのですか?

許可申請の回答 古物商許可は、営業所を管轄する警察署の生活安全課防犯係(警察署によって、課の名前や係の名前が若干違う場合があります)で申請します。地方の警察署の多くでは、係員が少ないことも少なくなく、外回りで留守のために突然窓口に出掛けても古物商の許可申請が出来ないことがありますので、事前に電話を入れて窓口を予約してから出掛けたいものです。なお、古物商許可申請手続時には、19000円分の手数料を都道府県証紙で用意し、仮に不許可処分となっても返還されませんので、手続の準備は事前に十分に行ってから許可申請手続を行ってください。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら