衣類を扱う場合の古物商ビジネスのポイントとは?

許可申請の回答
古物商で衣類を扱う場合、従来は和洋服をはじめとする衣類全般と小物や雑貨などもで構成されるケースと、いわゆる古着といわれるものだったのですが、いまは古着といってもダーティなイメージはまったくなく、それに加えてエルメスやルイ・ヴィトンといった高級ブランド品の中古品なら、新品はとても高くて手が出ないけれども古物商で買えば定価よりも格安で買えると相変わらず人気です。また、むしろ10~20代の若者たちは、ファストファッションではとても手に入らないデザインの古着に新しい価値を見出しており、実際希少価値の定番でいうところのビンテージもののジーンズなどは、数万から100万円以上するものまであるほどです。ここまで来るともはや古着の域を脱して独自のブームになっているわけですが、若者の独自の趣味嗜好を満たすものでない満足できない感覚と、ありきたりの商品では満足できない感覚というのがこうしたところにも見られます。こうした古着やフリーマーケットでは、非常ににぎわいを見せます。また、シャネル、ティファニー、プラダ、ルイ・ヴィトンといった高級ブランド志向にはやはり非常に根強いものがあり、一度も袖を通さないまま自宅のウォークイン・クローゼットや洋服ダンスに収納したままというものや、一度か二度使用してほとんど新品同様といったブランド品が古物商のリサイクルショップに持ち込まれるケースが多いのです。売りにきた人はそれらを引き取ってもらうことで現金を手にし、また新たなブランド品を安く買うことができるので、お客様にも古物商にもお互いにメリットがあるのです。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら