自動二輪車や原動機付自転車(スクーター等)の中古車両ビジネスとは?

許可申請の回答
バイク・オートバイの登録台数は、ここのところ減少傾向にありますが、中古バイクは新車よりかなりやすく買えると人気が高く、堅実な売れ行きを見せています。日本国内のオークション市場でシェア5割を占め、10万台以上も扱うという最大手のJBA ジャパンバイクオークションとはどんな商売なのでしょうか?
 自動二輪車および原チャリと呼ばれるような原動機付自転車(スクーター等)を扱う場合の商売のポイントですが、各種オートバイというのではなく、原付自転車、大型バイク、スポーツバイク、スクーターなど、人気バイクに特化しつつ、希少部品類などを併せて取扱うことでユーザー(オーナー)から頼られ信頼されることが商売のポイントです。また、昔ながらのオートバイ店は遅れている店が多く、ネットオークションシステムを取り入れるなどIT化を進めて、スピード変化の速い市場動向をつねにキャッチしておくことも必要です。
 マーケットシェアを高めるためにITを駆使し、オークション会場と会員店を結ぶネットシステムを活用する場合、出品の際の商品チェック(検査)と、アフターケア(品質保証)を充実させることによって、販売店は居ながらにして中古バイクの仕入れと販売の両方が同時にできてビジネスが可能なわけです。これは当然のことながら、あまり手間や修理費がかかるものは、いくら仕入れがただ同然であっても引き取っても割に合わないので、固定ファンがいるハーレー・ダビッドソンやマニアが涎を垂らすような珍しいバイク、往年の名車といわれるヴィンテージものに専門特化して取扱うのがよいでしょう。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

中古バイクは今後、やりようによっては期待できる市場です

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら