自分で用意する書類はなんですか?

許可申請の回答 古物商許可申請は法律手続ですので、様々な証明書類を用意し、その他書類を作成して営業所管轄の警察署で行う許可申請です。具体的には次の書類が必要です。
古物商許可申請書
・営業所記載事項
・電気通信回線に接続して行う自動公衆送信により公衆の閲覧に供する方法を用いるかどうかの別
・定款(法人の場合)
・履歴事項全部証明書(法人の場合)
・住民票
・身分証明書
・登記されていないことの証明書
・略歴書
・誓約書
・営業所の使用権原書類
・駐車場等保管場所の使用権原書類(自動車を取扱う場合)
・プロバイダ等からの資料の写し(URLを届け出る場合)

上記のうち、定款、履歴事項全部証明書、住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書、営業所の使用権原書類、駐車場等保管場所の使用権原書類、プロバイダ等からの資料の写しは、原則としてお客様にご用意いただく書類です。
なお、分からない、任せたい、できるだけ早く古物商許可を取得したい等の場合は「履歴事項全部証明書」「住民票」「身分証明書」「登記されていないことの証明書」の取得代行サービスをご提供しておりますので、どうぞご利用ください。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら