機械工具類古物商のビジネスモデルは?

許可申請の回答
機械工具類の古物は基本的に事務機器類と同じで、工場が移転や廃業をしたり、従来品を更新する時に買い取るのが仕入れ時期となりますので、会社工場が引っ越しするとか、廃業・倒産したとかいうときに買い取ることになります。そのために情報も事前に把握しておきタイミングよく準備するようにします。
機械工具類には、電気機械、土木機械、工作機械、化学機械、工具類などがありますが、どうしても顧客は技術者やエンジニアなどとなりますので、取扱う機械のと業界の専門知識・技術が必要となります。そういう意味で商品の種類は絞り込んだとしても、その商品に関する品揃えは、海外からの輸入製品も含めて充実させておくことが求められます。

例えば、大型の機械類は専門知識が要るので難しいとしても、一般ユ
ーザーも買うような小型の工具類であれば、リサイクルショップでで十分に扱うことができます。ドリルやインパクトレンチなどは個人が新品を購入するには手が届きにくく、手ごろな値段ならすぐに売れます。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら