営業所は賃貸でもいいですか?

許可申請の回答 はい。古物商の営業所は賃貸物件でもかまいません。但し、賃貸借契約の目的には注意が必要です。
よくあるケースでご説明すると、個人事業主(会社等の法人ではなく個人申請)の方が、賃貸借で住んでいる自宅を営業所として古物商許可を取得したいと希望されるケースがあります。こういったケースでは多くの場合、賃貸借契約書の契約の目的が個人の住居となっているため、事業用の営業所が求められる古物商許可の基準をクリアできないという問題点があります。

この問題をクリアするためには、二通りの方法があります。
1.物件の契約目的を営業所または事業所、店舗などにして、賃貸借契約をやり直し、契約書を再作成する方法
2.賃貸借契約は現状の住居目的のまま、物件所有者(大家さん)から、古物商許可取得のために営業所として使用する旨の使用承諾書にサインしてもらう方法

このどちらかの方法で、古物商許可申請手続きができる書類を準備することになりますが、2番の方法を選ぶ場合には、当サイトの古物商許可申請書作成サービスにお申込みいただければ、使用承諾書の書式をサービスで提供させていただいておりますので、物件所有者(大家さん)からサインをしてもらえば古物商許可申請OKとなります。大家さんには、事前に相談しておかれることをお勧めします。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら