古物商許可はむずかしいですか?

許可申請の回答 簡単か?難しいか?というご質問が一番難しいのですが(笑)。冗談はともかくとして、古物商許可は誰でも取得しやすい間口の広さに反して、許可申請手続は決して簡単だと考えていません。
以下にその理由を挙げます。
・個人事業主から一部上場企業まで、広く許可申請該当者があること
・個人事業主と同規模の中小企業が占める割合が多いこと
・法人申請(会社)と個人(個人事業主)申請とでは、書類の記入方法が異なること
・慣れない証明書を取得・準備しなければならないこと
・登記されていないことの証明書を東京法務局(または都道府県法務局)で取得しなければならない
・身分証明書を本籍地の市区町村役場で取得しなければならない(一般によく言われる運転免許証や健康保険証の身分証明書とは異なること)
・住民票に種類があること
・都道府県公安委員会によって、古物商許可申請手続の取扱いが異なること
・申請者の個別事案によって申請書類が異なること
・申請先の警察署で古物商許可申請手続をしなければならないこと(警察官との申請手続の遣り取りをこなさないといけないこと)

以上のように、古物商の許可申請をして、警察署の担当課で説明し
書類審査を経て、古物商許可証を取得するまでには、数多くのハードルがあります。これを「難しくない」というのは、相当程度有能な方か時間と労力を惜しみなく注ぎ込むことができる有閑な方のどちらかかと思われます。
方や、古物商の事業は営業開始日や事業計画の予定があってのことだと思いますので、ビジネスを確実に進めるには、プロの支援を得てスムーズに古物商許可証を取得して、古物営業を開始するのが賢い事業経営の方法と言えるでしょう。
障害なくスマートに古物営業を始めたいのなら、当サイトから古物商許可申請書をお申し込みください。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら