古物商免許でやはり皮革・ゴム製品類は多いですか?

じつは古物商の免許を取りたいという人で多いのが、自動車などと並んでこの皮革・ゴム製品類です。なぜならエルメス、ルイヴィトン、イヴサンローラン、グッチ、プラダなどの高級ブランドものバッグの流通が多いからです。また、皮革・ゴム製品類にはベルトや靴なども含まれますので、女性のバッグなどは身につける物、持ち物よりはほとんどその人の身体の一部みたいなスタイルですから、気に入ったバッグや自分に合った靴を見つけるのは楽しいものですし、最新や流行のファッション性という意味も含めて、いつの時代でも一定の人気があります。特にかばん、バッグはブランド品や今ではもう手に入らないヴィンテージのアンティークのものがすぐに売れてしまうほどです。

古物で皮革・ゴム製品類を取扱うときの注意点とは?

なんといっても気をつけないといけないのは、ブランドもののコピー品を掴んでしまうことです。特に商品買い取りの時には、本物かニセモノか、慎重に判別することが必要です。高級ブランドもののコピー商品には要注意となります。ユーザーのほうも本物に対して眼が肥えてきていますから、場数を踏んで商品知識を蓄積しておきましょう。そのために本物に触れる機会をして、経験を多く積む必要があります。特に買い取り価格の設定がブランドものは難しいですから、これもやはり経験を要します。また商売としてはバッグや靴の単品扱いもいいですが、洋服などとのトータルコーディネイトで販売するのも効果的です。皮革製品は、小物を越えて身体の一部として馴染みがでると愛着がわいてきて長く使いたいと誰もが思います。なかなか手放せないものなのです。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら