古物商で事務機器類と同じく多いのが道具類ですね?

許可申請の回答
道具類として分類されるもののなかには、ゲームソフトやコンピュータソフト、レコード、CD、DVD、レーザーディスク、ビデオ及び楽器、家具、スポーツ用具、日常品などが含まれます。このゲームやコンピュータのソフトは事務機器や機械工具類などハードとセットで販売できますので、古物商の分類としても人気があります。人気が高いゲ
ームソフトやDVDなどは古物市場で最も活発に取引されるものの一つといえます。

ゲームのユーザは若い人が多いですが、遊びなので遊んでいるうちに飽きてきて別の新しいソフトがほしくなるのです。だからといって新品をその都度買うほどの余裕がなくお小遣いが追いつかないなどというときに、品質がよく安い中古品を手に入れたくなるのは当然でしょう。それだけに中古品店は、新しいタイトルの品ぞろえを在庫していなければなりません。
CDやDVDなどと同じで、あそこの店に行けば、新しいものや珍しいものがあると思わせることがポイントです。これは顧客からの買い取りを強化して、品ぞろえを豊富にしていくことが大事なことになります。新品も同時に販売すれば相乗効果が期待できます。

商品管理、情報管理のためにもハイテク化

品ぞろえで勝負するとなれば、必然的に商品管理、情報管理のためにハイテク化が必要となってきます。ゲームやソフトの販売で注意したいのは、顧客の中心が子どものため、想定外のトラブルが起こる可能性がないとも限らないので気をつける必要があります。
道具類といえば、オフィス用家具に根強い人気があります。特に主流のスチール製は、耐久性があってリサイクルし易いし、新品は非常に高額なため経費節減が課題の企業には大きな魅力となっていて常にニーズがあります。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら