古物商で中古自転車を取扱う場合のポイントは?

許可申請の回答
価格の安い自転車には常に需要が多いのですが、中古のリサイクル店が非常に少なく売り手市場ですので参入のチャンスではあります。ポイントは2つあり、外国製の高級ブランド自転車やロードバイク、マウンテンバイクといった車種で特化することと、自転車店を営む場合の最大のネックは人材確保ですので、安定して人材を確保できるようなシステムが可能になれば、市場の拡大は十分に見込める商品です。
リサイクル自転車の価格は、だいたいが7、8000円から、高くても2万円ぐらいまでだったりします。新品なら5、6万円はするマウンテンバイク(MTB)でも、中古品なら2万円程度で買えるので、中古自転車は常に消費者に人気があるのですが、業界の一番のネックは人材の供給が少ないことです。修理をするにも技術が要りますが、その人材の確保とシステム効率を上げるための経営アイデアがうまくかみ合えば、ビジネスとして大きく成長しそうです。

中古自転車のビジネスは意外と少なくチャンスかもしれません

中古自転車がなぜ少ないのかといいますと、修理に手間がかかるからです。バイクと同じで手がかかりすぎる自転車は扱えませんが、それでもリサイクル車とはいえ安全性が一番要求されるので、タイヤだけはできるだけ交換しなければなりません。とはいえ、中古自転車ビジネスがチャンスなのには理由があります。その理由とは仕入れがタダだからです。放置自転車を仕入れるのです。もちろんそのまま持ってきてはいけません。駅前などの放置自転車を管理しています警察やシルバー人材センターや、盗難自転車を扱う家庭裁判所があります。そこから引取先の主体となり仕入れるのです。このルートを開拓すれば安定的なビジネスチャンスといえます。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら