個人事業で営業所は家族所有の自宅なのですが大丈夫ですか?

許可申請の回答 取り扱う古物の物品にもよりますが、ほとんどの場合、個人の自宅を営業所として古物商許可を取得することができます。この場合、自宅の建物を誰が所有しているかという問題があります。建物の名義人が家族の場合、持ち主から使用承諾書を一筆書いてもらえればOKとなります。この使用承諾書は弊事務所の標準サービスでお付けしていますので、ご心配いりません。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら