住民票の住所と現在の住まいが別なのですがダメですか?

許可申請の回答 ときどきいらっしゃるのですが、住民登録している住民票上の住所と、実際の生活の本拠となる住まいが別の場所という方がいます。こういった方は、法律上いわゆる「住所不定」状態となってしまい、古物商許可の欠格要件のひとつである「住所の定まらない者」に該当しますので、古物商許可は得られません。実際の住所と住民登録等を一致させてから古物の許可申請をします。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら