中古車(自動車)販売を開業するための古物商許可のポイントは?

許可申請の回答
古物商での自動車とは、自動車とそれに付随するパーツ関係が含まれます。増税や燃費の悪い大型車を避ける傾向から、国内の新車販売が伸び悩むなかで、中古車の売行きが上昇していて中古車市場が新車ディーラーを脅かしはじめているくらいです。その大きな流れを担っているのが全国各地で聞かれています中古車オークション会場で、その数は全国で280以上もあって総出品台数は430万台、これは中古車流通の取引量の60%を占めるまでになって成長しているのです。こうしたオークションによる中古車流通の変化によって、中古車販売ビジネスの開業も変わってきています。
 従来は、ディーラーでの廃車引取りの他に、キャンピング・力ーやパス、クラシック・力ーといった特定の車種に絞り各種4輪自動車を扱いつつも、顧客のターゲットを絞っていたのですが、現在は自動車リサイクル法によって自動車車体だけでなく、中古部品や古タイヤは特にリサイクルが必要とされて注目される市場なので、まだまだマーケットは拡大する余地があります。つまり、従来は不透明だった中古車の値段が開示されるようになり、オークションによって市場価格が決まるようになったので、販売業者の仕入れ価格が均一化されて怪しい商法が消えたのです。したがって、今後はいかに車種をセグメントして販売力を高めるかが中古車販売業者に課せられたけです。そのため各販売業者はインターネットのオークションシステムを活用しはじめたのです。これによって実際に会場に足を運ばなくても、在庫データはもちろんのことネットワークシステムに登録された会員業者同士の商談ができるようになってきたのです。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら