中古写真機類のショップを開業するポイントは?

許可申請の回答
写真機類を扱う場合のポイントですが、写真機類にはカメラ本体とレンズのほか、顕微鏡や双眼鏡、天体望遠鏡などがここに含まれます。中古カメラの市場は、新品と異なり趣味の世界であり、特にクラシックカメラでは完動品でも実用性よりは自分で所有していたい所有欲のほうが優先されるものです。いわば噌好性が強く骨とう品と同じなのです。
それだけにブランド志向も強く、ライカ、ハッセル、ローライなどの舶来物とか、コダック等のクラシックカメラなど、マニア垂誕の逸品類なら人気があり希少価値も高く、なかなか手に入りません。中古カメラ市場はこういう独特の趣味性がありますので、カメラ好きの人が趣味と実益を兼ねて行えるといいでしょう。

写真機、アンティークカメラ、レンズ、顕微鏡、双眼鏡、天体望遠鏡などのポイント

カメラ以外でも専門の技術と知識が必要ですので、その蓄積・習得を
行うことが必要です。趣味の世界で名が通るような店になれば、安泰と言えるでしょう。そのためには足繁くオークションに通ったり、カメラ専門の雑誌で常に価格動向をつかんでおく情報収集が大切です。店頭では顧客とのコミュニケーションを大切にし、使用方法を指導したりアフターケアを行ったりといったサービスが不可欠となります。また、海外での仕入れ先の確保も必要となります。特に高級なクラシックカメラでは価格はあってないようなものですので、独自ルートほど長期的に大切なものはないでしょう。

古物商としてカメラはどうなのか?

中古カメラの販売価格は、仕入れた時の状態で売れるのか、あるいは修理してから完動品として売るのか、またあるいはアフターケアまで保証するのか、使い方を指導するのか、といったサービス度合いによって違ってきます。つまり、サービスが多くなればその分だけ価格に反映させねばならないわけです。中古カメラの店に集まって来るお客様の多くは、自分の知識や情報を話したくてうずうずしていますから、ビジネスとして中古カメラをはじめるには、修理の技術も含めた商品知識が何よりも必要となります。

今後も中古カメラ市場はマニアを中心に堅実に推移していくことでしょう。最近は、ケータイなどで気軽に写真を撮る一方で、カメラ本来の楽しさに興味を持った若い人の間でよりクラシックなカメラが再評価されてきていますから、これからも一定の需要が見込まれます。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら