一番やりやすい古物商は金券類でしょうか?

許可申請の回答
以前は、乗車券や株主優待航空券、商品券、図書券、郵便切手、収入印紙、各種チケット(映画、ライヴ、スポーツ、ディズニーランドのパスポート、美術館)などや、高速道路のチケット、ハイウェイカードなどでは古物商の免許は不要だったのですが、古物営業法の改正で金券類を扱う場合も古物商の許可が必要になりました。
これら金券類の中でも、新幹線の回数券や乗車券、株主優待の航空券、高速道路チケットなどは、会社の出張など使われる機会が多く、高額でもありますので、常に一定の需要があり愛用者が存在する金券類になります。また取扱うにあたっても、特別なに専門知識や修理などの技術が必要になるわけではないので、古物商ビジネスとしてはやりやすいものといえます。

金券ショップは駅近で店を開店すること!

金券類を扱う古物商で一番出るのは新幹線の回数券です。そうすると、一番大切なのは店の立地で、ターミナル駅の駅前とか、駅からオフィスへの通り道沿いで人の往来が切れないとか、繁華街や商店街内が条件となりま。また興行のチケットなどは、主催企業や広告代理店とタイアップしてキャンペーンを張ったりすると、お客様にお店を覚えてもらえるようになります。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら