リサイクルショップとはどんなビジネスなのでしょうか?

許可申請の回答

家にある食器棚の奥に眠っている食器類、贈答品のタオルやシーツ、箪笥や一度も袖を通したことのない服などを、皆たいてい持っているものです。それを「高く買い取ります」というコピーがリサイクルショップやフリーマーケットに出てくるきっかけです。また、ブランド品の洋服やバッグ、アクセサリーなどに敏感な女性は、ひとつのものを長く持ち続けるよりは新しいブランド品を、といった欲求が起きてきますので、そういうときに古いものを引き取ってくれて、より新しいブランド品を定価3~4割引の格安で買えるリサイクルショップというのは嬉しい存在なわけです。消費者は成熟した消費社会で目が肥えていますが、最近アンティークショップが人気で、他の誰もが持っていないアクセサリーを買ったりするのもつビンテージ好きも同じことです。
最近では、古物商・リサイクルショップはどこの地方都市に行っても、必ず一軒や二軒は見かけるようになりました。それだけ活用してする人が確実に増えているということですが、古物商を始めるにあたって、そのメリットはどこにあるのでしょうか?
古物商ビジネスのメリットとしては、次のようなことが挙げられます。
開業資金が少なくて済ます。例えば、仕入れ及び販売は、基本的に現金決済が商慣習です。シンプルな商売なので人件費が安くて済む。趣味を活かしつつ、好きなジャンルの・得意なジャンルの商品を扱うことができる。といったところです。転職や会社から独立して商売をはじめようという場合、やはり一番ネックになのは開業資金です。自己資金が足りない場合に銀行はなかなか貸出しをしてくれないので、ひと苦労することになります。しかし古物商ビジネスは、他の商売と違って開業資金が少なくて済みます。これは非常に大きな魅力といえるでしょう。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書作成サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら