テレビのお宝ブームから物置に眠っていた骨董品や古道具が脚光を浴びる格好となっていますが?

許可申請の回答
従来から開かれていた神社などでの骨董市だけでなく、最近では公園やデパートなどでフリーマーケットやガレージセールが開かれて、大勢の人でにぎわっています。各地にあるオークションも盛況で、自動車は有名にはりましたが、その他にも一般消費者向けのオークションが多くなり人気を集めています。古物商ビジネスのメリットのひとつは、自分の趣味を活かしながら商売もできるというところです。
 自分の得意な好きな商品を扱うならば、仕事に取り組む姿勢が違い自然に目利きもできるようになってきます。熱意があればそれがビジネスに好影響をもたらすようになるものです。
 フリーマーケットや骨とう市などの利用の仕方としては、どこの家庭にもタンスに仕舞ったきり眠ったままの服や、手つかずの陶器やタオルなどの贈答品、家具や使いこなせない電気製品といったものがひとつや
ふたつはあるものです。それを粗大ゴミとして簡単に捨てていたわけですが、最近は環境問題が注目されるようになり、粗大ゴミの処理も有料に変更された自治体が多く、消費者もモノの対して考えるようになっているのです。
 そうした不用品の有効な活用の場として、あるいは嬉しい臨時収入のお小遣い稼ぎのばとして盛況なのがフリーマーケットであり大小さまざまなものが全国各地で開催されていますが、基本的には誰でも自由に参加できるものの、プロの業者の参加については任意団体や企業では認められるケースもあるようですが、自治体では認めていない取扱いがほとんどです。
 またフリーマーケットだからといって、モノならなんでも売ることができるわけではなく、高価なもの、公序良俗に反するものは禁止していますところが多く、例えば食品や薬といった衛生上問題があるものや品質保持の期限があるものも取扱うことができません。法律的にもコピー商品といった贋ブランド物はそもそも法律違反ですから禁止されています。すべて一概に良いわけではなく、良いかどうかはケース・バイ・ケースということです。きちんとビジネスとして考えるなら、古物商の許可をきちんととりましょう。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら