せどりをするなら書籍を主たる取扱い古物にしないといけませんか?

許可申請の回答
ヤフオク!などのネットオークションと並んで、新時代の古物商のスタイルが「せどり」です。せどりは、古本屋やフリマなどからマンガ、写真集、単行本、雑誌、文庫、辞書、児童書、古地図、古文書などを調達(仕入れ)してきて、ネットでより高く販売して利ザヤを儲けとする商売です。アマゾン・マーケットプレイスなどでは、現在の古本市場価格が確認できますから、売値を確認してから仕入れることができる低リスクで成功しやすい商売となるのが特徴です。また、仕入れに関しては、
古本屋が全国どこでもある程度の人口の町であれば、1~2店はありますから、そこを活用すれば古本屋の店主も商品が動いてお互い様ということになります。あと、同じ古本屋でもFC(フランチャイズ・チェーン)も含めたチェーン店や大型の古書店も出てきていますので、そこを活用するのも一方でしょう。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら