いま人気の古物商とはどんな商売なのですか?

許可申請の回答
古物商ビジネスにはこんな利点があります。景気の長期低迷で先行きが読めない時代、自分で独立開業したり、起業したりしている人が多いといいます。そういう人にとって古物商・リサイクルショップといった古物の販売市場が、成長ぶりを示しているのは当然と言えるでしょう。ということは、今が中古市場へ参入するビジネス・チャンスともいえるかもしれません。
通商産業大臣官房調査統計部の「商業統計表」によると、平成6年の「その他の中古品小売業」の数は3459者で、年間販売額は775億6000万円であったが、平成9年には4189者庖、908億1200万円にまで拡張しています。同じく平成9年の「骨とう品小売業」が3303者、877億円ですから、両方を合わせると、およそ1800億円という膨大な市場規模になるわけです。
古物商への関心の高まりは、ある意味で消費社会の成熟がもたらした結果ともいえます。そのまま捨てれば単なるゴミですが、それを有効に活用することによりお金になって返ってくる。こういったことを考えると、古物商・リサイクルショップが社会の人気を得たのも肯けるものです。
また人気テレビ番組が火付け役となったお宝ブームの影響も見逃せません。中古品とか古物というと、それまでは汚いとか使い古しといったイメージがありました。しまし今の古物にそのイメージはありません。むしろ使い込まれたアンティーク品は使い勝手がよく、独特の味わいがあると高い人気があるほどです。古箪笥や茶ぶ台などが人気を集め高い値段がついているのがその良い例です。例えば、外国人は日本人まったく違った驚くような巧い使い方をすることもあります。そういう新しいアイデアで中古品をひっくり返し新しい価値観を創り出せるのも楽しみです。このように古物商は完全に市民権を得て、中古品販売ビジネスとして成長市場です。

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら