古物商の許可取得まで

古物商の許可取得まで

■古物は次の13品目に分類されており、これらの物品を売買する事業を行うには、営業所の所在地を管轄する警察署で『許可申請』を行い⇒都道府県の公安委員会の許可を受ける必要があります(複数の都道府県に営業所が存在する場合は、各都道府県公安委員会の許可が必要です。)

(1)美術品類 (美術的価値を有する物品)
(2)衣類 (身にまとうもの)
(3)時計・宝飾
(4)自動車 (自動車の一部として使用される部品も含まれる)
(5)自動二輪車及び原動機付自転車
(6)自転車類
(7)写真機類
(8)事務機器類
(9)機械工具類
(10)道具類 (楽器・家具・ゲーム機なども含む)
(11)皮革・ゴム製品類
(12)書籍
(13)金券類

 

『古物商許可』にかかる期間は?

これらの古物を売買・交換・賃貸といった仕事として取り扱う場合、古物商許可の要件を確認し書類を作成したうえで、各都道府県公安委員会の許可を申請します。
許可要件をクリアしていれば、申請手続き後40~50日程度で古物許可が出ます。
許可が出て古物商許可証を取得したら古物商許可証プレートを作成して古物営業がスタートです!

 

古物商許可を申請する手続きのながれ

古物商許可を取得したいと思っても、一般の方に法的なことはなかなか難しいものです。
ヤフオクとかメルカリに出品するので古物商許可を申請したいけれど、内容や申請手続きがよく分からない』
『法律に疎く、自分で申請書類を作成する自信がない』
そんな方は、許可申請書類の作成や登記されていないことの証明書等の取得を、専門家に頼んでみてはいかがでしょうか?

弊事務所の古物商許可サポートサービスでは、3ステップで簡単に古物商許可申請書のお申込みをすることができます。
『法律の事務所に頼むのは、手数料が高そうで心配』
『法律関係の書類は、なんだか難しそうで不安』
そんな方も、心配は無用です。
弊事務所で現在、古物商許可申請支援のSNSシェアモニター・キャンペーンを行っています。このキャンペーンを利用すれば、通常よりも遥かにお得に古物商許可を申請していただけます。
また、用意する書類も分かりやすく、ごく簡単ですので、法律に詳しくない方でも間違いがなく、安心です。

 

STEP1ホームページよりお申し込み

お名前とご住所は住民票上の正しいものをご記入ください。パソコンに表示できない旧字体のお客様はFAXにてお申込みください。カード決済確認後に書類を作成して発送します。

弊社より書類一式をお送りします。

STEP2申請書類に記入・書類

お送りしました書類にご記入・ご署名・押印の上、主たる事務所を管轄する警察署で申請ください。申請が終えましたら、モニターアンケートのご返信をお願いします。

STEP3警察署での申請手続&モニターへのご回答

事務所を管轄する警察署で手続き

申請後最短40日(余裕をみて1ヶ月半前後)で登録され、活動が開始できます!

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!
で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む

キャンペーン参加せず、定額で申し込む

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら