3316岡山県警察総社警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

総社市の全域に古物商の営業所を設置する場合は、総社警察署で古物商許可申請をします。

 

総社とは?

総社とは、岡山県の南部にある市の名称です。総社(そうじゃ)の歴史は非常に古く、古代に吉備国というヤマト王権に匹敵しうる古代王国があったという説があります。またヤマト王権が吉備国から発祥したという見方もあります。その吉備国の中心地として律令時代も通じて国分寺が建てられました。吉備分国後は備中国となりました。吉備国総社は現存しており、現在は総社宮と呼ばれています。奈良時代は国府が置かれました。中世になると、総社宮の門前町として、また街道の宿場町として栄えました。江戸時代になると備中松山藩、浅尾藩、足守藩、岡田藩、生坂藩や宝福寺領の分給統治でした。明治時代になると八部村、刑部村、小寺村の一部が合併して総社村が誕生します。明治22年(1889年)の町制施行前で総社村と井手村とが合併して総社村が成立しました。7年後の明治29年(1896年)に総社村が単独で町制を施行し総社町となりました。明治41年(1908年)に浅尾村と合併して総社町となります。戦後になると昭和26年(1951年)に総社町が神在村、服部村と合併して総社町となります。3年後の昭和29年(1954年)に総社町、秦村、三須村が合併して総社町となり、続いて総社町、阿曽村、池田村、久代村、新本村、常盤村、山田村が合併して市制を施行し「岡山県総社市」となりました。昭和47年(1972年)には総社市が昭和町を編入します。時代が下って平成になると、平成17年(2005年)に総社市、清音村、山手村が合併して総社市となりました。

 

総社警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR伯備線の総社駅です。東口ロータリー前を通る岡山県道421号線(市役所通り)をまっすぐ出ます。「総社市役所」を右手に見ながら600m進んで、「市役所前」信号を右折して南下します。「まちかどの泉」を右手に見ながら600mほど進んだ右側、「総社市武道館」対面、「総社運動公園」手前です。徒歩15分です。
担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

総社警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒719-1134 岡山県総社市真壁426番地1
電話:0866-94-0110
http://www.pref.okayama.jp/page/detail-73895.html

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

許可申請書類作成お申込み
古物商資格
ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書類作成サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら