3313岡山県警察玉島警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

倉敷市のうち、玉島、玉島、玉島上成、玉島阿賀崎、玉島阿賀崎、玉島中央町、玉島柏島、玉島柏台、玉島勇崎、玉島乙島、玉島爪崎、新倉敷駅前、玉島長尾、玉島道越、玉島道口、玉島八島、玉島富、玉島黒崎、玉島黒崎新町、玉島陶、玉島服部、船穂町船穂、船穂町水江、船穂町柳井原、真備町川辺、真備町岡田、真備町辻田、真備町市場、真備町有井、真備町上二万、真備町下二万、真備町箭田、真備町尾崎、真備町妹、真備町服部浅口市浅口郡里庄町に古物商の営業所を設置する場合は、玉島警察署で古物商許可申請をします。

 

玉島とは?

玉島とは、岡山県にかつてあった市の名称です。玉島(たましま)の歴史は比較的新しく、江戸時代の新田開発で干拓された造成地です。玉島新田と呼ばれました。地名の由来は玉の浦です。ただ地域の歴史としては非常に古く、古代は備中国浅口郡の間人郷だったといわれています。干潟の干拓により、玉島新田と阿賀崎新田が造成されて玉島港が建設されたため、江戸時代は港町として発展しました。時代が下って昭和になると、高度経済成長に伴って玉島港は水島港の一部として取り込まれて中心地が移動し、さらに山陽新幹線の新倉敷駅が開業しモータリゼーションによって国道2号線の周辺が開発されていったことで、市街地が郊外へ広がりました。行政の歴史としては、明治9年(1876年)に玉島新田だった浅口郡の玉島村と上成村、爪崎村が合併して玉島村となります。5年後に分村しますが、明治22年(1889年)の町村制施行で玉島村と上成村が合併して玉島村となりました。8年後の明治30年(1897年)に玉島村が阿賀崎村と合併して町制を施行し玉島町となります。戦後になると、昭和27年(1952年)に玉島町が単独で市制を施行して「岡山県玉島市」となりました。昭和42年(1967年)に玉島市が倉敷市、児島市と合併して倉敷市となり、現在に至っています。

 

玉島警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR山陽新幹線と山陽本線の新倉敷駅です。南口ロータリーから岡山県道41号線を駅を背にしてまっすぐ出ます。350mほど進んで国道2号線と交差する「玉島爪崎」信号を右折します。国道2号線(玉島バイパス)を250mほど下って立体交差を降り、信号を左折して南下します。「倉敷西年金事務所」「溜川」を右手に「県職員官舎丸川官舎」を左手に見ながら900mほど南下した「警察署北」信号先の左側です。徒歩18分です。
担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

玉島警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒713-8102 岡山県倉敷市玉島1354番地
電話:086-522-0110
http://www.pref.okayama.jp/page/detail-73857.html

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

許可申請書類作成お申込み
古物商資格
ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書類作成サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら