3311岡山県警察倉敷警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

倉敷市のうち、東町、本町、阿知、昭和、鶴形、美和、川西町、稲荷町、南町、中央、船倉町、向山、新田、白楽町、老松町、田ノ上、田ノ上新町、沖、沖新町、堀南、西中新田、笹沖、吉岡、浦田、福井、東富井、西富井、上富井、四十瀬、安江、八王寺町、大内、川入、日吉町、石見町、寿町、北浜町、日ノ出町、浜ノ茶屋、浜町、幸町、大島、福島、平田、酒津、水江、中島、黒石、八軒屋、粒浦、東粒浦、粒江、粒江団地、西坂、生坂、三田、浅原、西岡、浜ノ茶屋、宮前、青江、祐安、黒崎、中庄、中庄団地、鳥羽、徳芳、羽島、二日市、加須山、倉敷ハイツ、有城、亀山、帯高、五日市、中帯江、西田、早高、高須賀、西阿知町、西阿知町西原、西阿知町新田、片島町、藤戸町天城、天城台、藤戸町藤戸、上東、下庄、栗坂、松島、二子、山地、西尾、日畑、庄新町、矢部、茶屋町、茶屋町と岡山市北区の岡山県総合展示場コンベックス岡山、早沖都の窪郡と早島町に古物商の営業所を設置する場合は、倉敷警察署で古物商許可申請をします。

 

倉敷とは?

倉敷とは、岡山県の南部にある市の名称です。倉敷美観地区は全国的に有名な観光地となっています。倉敷(くらしき)の歴史は非常に古く、古代先土器時代の紀元前2万年ころの「鷲羽山遺跡」が発見されています。また紀元前100年頃の上東遺跡や王墓山古墳もあり、650年頃に創建したと伝わる日畑廃寺跡が残っています。律令時代は吉備国で、庄地区は「吉備の津」と呼ばれた湊でした。吉備分割後は備前と備中ににあたります。地名の由来は米や貢納物を集め置く蔵屋敷が立ち並ぶ「蔵屋敷」が転化して「倉敷地」となったものといわれています。現在美観地区とされている地域は鶴形島を元とし、吉備の穴海と呼ばれていました。戦国時代は宇喜多家が支配しましたが、江戸時代なると、倉敷代官所支配の幕府領(天領)、岡山藩、備中松山藩の他、他大名領と旗本知行などが入り組んで支配されました。そのなか寛永19年(1642年)に倉敷村が天領となりました。明治時代になると、明治4年(1871年)の廃藩置県で倉敷県となります。翌年の明治5年(1872年)に倉敷県と福山県が合併して深津県となります。さらに翌年の明治6年(1873年)には小田県となります。2年後の明治8年(1875年)に小田県が岡山県と合併して岡山県となりました。明治24年(1891年)に倉敷村が町制を施行して倉敷町となりました。昭和2年(1927年)に倉敷町と大高村、万寿村が合併して倉敷町となります。翌年の昭和3年(1928年)に倉敷町が市制を施行して「岡山県倉敷市」となりました。平成14年(2002年)には中核市に指定されています。

 

倉敷警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR山陽本線、伯備線の倉敷駅と水島臨海鉄道の倉敷市駅です。南口ロータリー前を通る国道429号線を左方向へ出て東進します。800mほど進んで岡山県道22号線、岡山県道162号線と交差する「大島」信号を右折します。岡山県道22号線を200mほど南下した左側です。徒歩13分です。
担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

倉敷警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒710-0047 岡山県倉敷市大島451番地1
電話:086-426-0110
http://www.pref.okayama.jp/page/detail-73876.html

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

許可申請書類作成お申込み
古物商資格
ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請書類作成サービスをご利用ください!

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら