1701石川県警察金沢中警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

石川県金沢市のうち、小立野1~5丁目、石引1~4丁目、下石引町、飛梅町、宝町、上野本町、出羽町、笠舞町、笠舞1~3丁目、笠舞本町1・2丁目、材木町、横山町、兼六元町、小将町、東兼六町、扇町、暁町、桜町、天神町1・2丁目、田井町、兼六町、広坂1・2丁目、柿木畠、尾山町、南町、丸の内、香林坊1・2丁目、片町1・2丁目、木倉町、新堅町3丁目、堅町、大工町、下柿木畠、下本多町五・六番丁、幸町、里見町、上柿木畠、枝町、川岸町、中川除町、杉浦町、池田町一~四番丁、池田町立丁、水溜町、油車、鱗町、茨木町、十三間町、十三間町中丁、清川町、城南1・2丁目、本多町1~3丁目、菊川1・2丁目、法島町、つつじが丘、野田町、平和町1~3丁目、寺町1~5丁目、緑が丘、十一屋町、若草町、長坂町、長坂1~3丁目、長坂台、泉野町1~6丁目、泉野出町、泉野出町1~4丁目、泉1~3丁目、野町1~5丁目、千日町、白菊町、弥生1~3丁目、泉本町1~7丁目、泉が丘1・2丁目、有松1~5丁目、米泉町(10丁目を除く)、西泉1~6丁目、旭町、旭町1~3丁目、錦町、三口新町、三口新町1~4丁目、涌波町、涌波1~4丁目、大桑町、大桑1~3丁目、西大桑町、花里町、館町、土清水町、土清水1~3丁目、館山町、大桑新町、増泉1~5丁目、中村町、御影町、神田1・2丁目、横川1~7丁目、久安1~6丁目、三馬1~3丁目、寺地1・2丁目、富樫町、富樫1~3丁目、伏見台1~3丁目、山科町、山科1~3丁目、窪町、窪1~7丁目、高尾町、高尾1~3丁目、高尾南1~3丁目、高尾台1~4丁目、清瀬町、坪野町、倉ヶ嶽町、円光寺町、円光寺本町、円光寺1~3丁目、伏見新町、額谷町、額谷1~3丁目、額乙丸町、大額町、大額1~3丁目、四十万町、四十万3~6丁目、南四十万1~3丁目、しじま台1・2丁目、額新保町、額新保1~3丁目、額新町1・2丁目、馬替1~3丁目、光が丘1~3丁目、三十苅町、末町、永安町、辰巳町、上辰巳町、水淵町、天池町、中戸町、瀬領町、菅池町、相合谷町、鴛原町、下鴛原町、国見町、樫見町、大平沢町、平町、駒帰町、娚杉町、城力町、熊走町、寺津町、見定町、二又新町、倉谷町、日尾町、三小牛町、別所町、蓮花町、山川町、小原町、新保町、住吉町、堂町、菊水町、平栗、茅原町、七曲町、西市瀬町、下谷町、白見町、上原町、畠尾町、羽場町、湯涌町、湯涌田子島町、湯涌荒屋町、湯涌曲町、湯涌河内町、田上町、田上1・2丁目、田上本町、田上新町、角間町、角間新町、若松町、若松町1~3丁目、上若松町、もりの里1~3丁目、鈴見町、鈴見台1~5丁目、銚子町、太陽が丘1~3丁目、俵町、中山町、平等本町、蓮如町、高池町、打尾町、金川町、上中町、袋板屋町、浅川町、小豆沢町、折谷町、菱池小原町、魚帰町、大菱池町、横谷町、板ヶ谷町、石黒町、古郷町、栃尾町、東町、芝原町、上山町、北袋町、東市瀬町、藤六町、朝加屋町、東荒屋町、小菱池町、清水町、二俣町、砂子坂町、荒山町、田島町、奥新保町、戸室新保、戸室別所、湯谷原町に古物商の営業所を設置する場合は、金沢中警察署で古物商許可申請をします。

 

金沢中とは?

金沢中とは、石川県金沢市にある中心部の通称です。金沢中(かなざわなか)の歴史は古く、江戸時代に大名中最大といわれる100万石の石高を誇った加賀藩の城下町の中心部であり、ただ金沢の中心部というだけでなく、石川県の県庁所在地であり北陸地方の中心地という意味合いも強く、「センター」という意味が強く反映されたものといえます。地名の由来は、古くは石浦村と呼ばれていましたが、郊外の山科に住んでいた藤五郎が、山芋を掘って洗っていたところ砂金が出て、以来「金洗いの沢」と呼ばれるようになった伝説によります。この「金洗いの沢」は、兼六園内の金沢神社の隣りに現存し「金城霊沢」と呼ばれています。加賀藩は、加賀、越中、能登の三国を領地としましたが、明治時代になった明治2年の版籍奉還では金沢藩となりました。明治11年(1878年)の郡区町村編制法で金沢区が成立しました。明治22年(1889年)の市町村制施行で市制を施行し「石川県金沢市」となりました。大正14年(1925年)に野村と弓取村を編入します。昭和10年(1935年)には、大野町、粟崎村、潟津村、鞍月村、富樫村、米丸村を編入し、翌年の昭和11年(1936年)に崎浦村、三馬村、小坂村を編入しました。7年後の昭和18年(1943年)には戸板村、金石町、大野村、二塚村を編入し、4年後の昭和22年(1947年)に三谷村字釣部を編入、2年後の昭和24年(1949年)に川北村を編入、5年後の昭和29年(1954年)に安原村、内川村、額村、犀川村、湯涌谷村を編入、昭和31年(1956年)に押野村を、翌年の昭和32年(1957年)に浅川村を編入しました。昭和37年(1962年)に森本町を編入しています。その後も河北潟の埋立や近隣市町村との境界変更を経て現在の市域となっています。

 

金沢中警察署へのアクセス

金沢中警察署

最寄り駅は、北陸鉄道石川線の野町駅です。出口の路地を正面へ出て国道157号線と交差する「野町三丁目」信号を左折します。犀川を越え600mほど北上した「片町」信号を右折します。市街地を500mほど進んだ「麟町」信号を左折、250mほど進んだ左側「金沢歌劇座」の手前、「石川県立図書館」「北陸電力本社」の対面です。徒歩18分です。
また、北陸新幹線、IRいしかわ鉄道、北陸鉄道浅野川線の金沢駅(北鉄金沢駅)も利用できます。東口ロータリーを正面へ出て石川県道13号線を600mほど直進します。国道157号線と交差する「武蔵」信号を右折。国道を400mほど南下して「尾山」信号を左折します。「金沢広坂合同庁舎」を右手に見ながら100mほど進み突き当たり「合同庁舎前」信号を右折します。「金沢城公園」を左手に見ながら「しいのき迎賓館」を右手に見ながら「兼六園」に突き当たる「広坂北」信号を右折します。「石浦神社」「兼六園郵便局」を左手に「金沢21世紀美術館」を右手に見ながら400mほど南下した右側です。徒歩19分です。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

金沢中警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒938-0031 石川県金沢市下本多町六番丁15番地1
電話:076-222-0110
https://www2.police.pref.ishikawa.lg.jp/about/about12/about20.html

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら