1454神奈川県警察津久井警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

神奈川県相模原市緑区のうち、青根、青野原、青山、太井、小倉、小原、小渕、川尻、久保沢1~3丁目、佐野川、澤井、城山1~4丁目、寸沢嵐、谷ヶ原1・2丁目、千木良、鳥屋、中沢、長竹、中野、名倉、根小屋、葉山島、原宿1~5丁目、原宿南1~3丁目、日連、広田、牧野、又野、町屋1~4丁目、三井、三ケ木、向原1~3丁目、吉野、与瀬、与瀬本町、若葉台1~7丁目、若柳に古物商の営業所を設置する場合は、津久井警察署で古物商許可申請をします。

 

津久井とは?

津久井とは、近年まで神奈川県にあった郡と町の名称です。津久井(つくい)の由来は古く、相模川、道志川、串川とこれらの支流による河岸段丘で江戸時代後期から昭和初期までは養蚕と織物産業が発展しました。旧相模国内にあり、中世までは愛甲郡の一部で「奥三保」と呼ばれた地域が大部分ではありますが、地勢的に相模台となる旧相模原市に近い相模川の左岸側は高座郡に属していました。平安時代の末期になると、三浦半島を本拠地とする三浦党が勢力を拡大し、その支族が津久井城を構え「津久井氏」を名乗ったころから「津久井」と呼ばれるようになりました。江戸時代は、多くの相模国と同様に幕領または旗本知行地となりましたが、愛甲郡および高座郡から分離されて津久井県として「県」を名乗った唯一の例でした。明治時代になると、韮山県を経て神奈川県に編入となり「津久井郡」となりました。津久井郡内の各町村は、昭和30年(1955年)までに相模湖町、城山町、津久井町、藤野町に合併していましたが、平成18年(2006年)に相模湖町と津久井町が相模原市に編入し、翌年平成19年(2007年)には城山町と藤野町が編入して現在の相模原市となり、同時に津久井郡がなくなりました。

 

津久井警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR横浜線、相模線、京王電鉄相模原線橋本駅です。北口正面ロータリーのバス1番乗り場から、三ヶ木行に乗車します。約30分で「津久井警察署前」バス停に着きますので下車した左側正面です。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

津久井警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒220-0207 神奈川県相模原市緑区中野308番地
電話:042-78-0110
https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/77ps/77_idx.htm

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら