1451神奈川県警察相模原警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

神奈川県相模原市中央区に古物商の営業所を設置する場合は、相模原警察署で古物商許可申請をします。

 

相模原とは?

相模原とは、神奈川県にある市の名称です。相模原(さがみはら)の由来は非常に古く、相模川沿いに後期旧石器時代の田名向原遺跡が発見されており、縄文時代中期の勝坂遺跡もあります。また平安時代の「和名類聚抄」(和名抄)では相模国高座(たかくら)郡に塩田郷の記載があり、これは現在の田名地区内の集落を指しています。現在の相模原市は、旧津久井郡の4町を合併して広大な市域となりましたが、旧相模原市域は高座郡に属しており、津久井地域は愛甲郡の「奥三保」と呼ばれていました。平安時代後期から鎌倉時代までは多摩地域を支配した横山党の勢力下にあり、南部は高座郡渋谷荘の渋谷氏の勢力下にありました。その後、室町時代は上杉氏、戦国時代は後北条氏の支配下でした。江戸時代は幕領(天領)や旗本支配地でしたが、長いあいだに相給地となっていきました。時代が下って明治になると、明治22年(1889年)の町村制施行で、高座郡相原村、麻溝村、新磯村、大沢村、大野村、溝村が誕生します。大正15年(1926年)には溝村が町制を施行して上溝町となりました。昭和16年(1941年)になると、相原村、麻溝村、新磯村、大沢村、大野村、上溝町、座間町、田名村が合併して「相模原町」が誕生しますが、戦後の昭和23年(1948年)に座間町が分離しています。その6年後の昭和29年(1954年)に市制を施行して「神奈川県相模原市」となりました。その後も、平成18年(2006年)に津久井郡相模湖町と津久井町を編入合併し、さらに翌平成19年(2007年)に津久井郡城山町、藤野町を編入合併して現在の相模原市となっています。

 

相模原警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR横浜線相模原駅です。南口ロータリー正面の神奈川県道504号線をまっすぐ南下します。600mほど進むと国道16号線と交差する「相模原駅入口」信号に出ますので左折。600mほど進んだ「相模原署前」信号先角の右側です。徒歩16分。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

相模原警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒229-0036 神奈川県相模原市中央区富士見一丁目1番1号
電話:042-754-0110
https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/76ps/76_idx.htm

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら