1443神奈川県警察小田原警察署で古物商許可のアクセス情報(電話番号と地図)

神奈川県小田原市と足柄下郡の箱根町、真鶴町、湯河原町全域に古物商の営業所を設置する場合は、小田原警察署で古物商許可申請をします。

 

小田原とは?

小田原とは、神奈川県にある市の名称です。小田原(おだわら)の由来は非常に古く、中里遺跡は縄文文化と渡来文化の境界の東端として縄文人と渡来人が共栄した日本の考古学上貴重な遺跡として著名です。また古名を「こゆるぎ」という相模国足下郡(あしがらのしものこおり)で「小由留木」や「淘陵」などの字があてられましたが、この「小由留木」の草書体を読み違え「小田原」という呼ばれるようになったという説があります。中世の鎌倉時代までは、長元3年(1030年)ころに藤原秀郷の子孫・佐伯経範が現在の秦野に移り「波多野氏」と称しました。小田原城は、現在の秦野市田原にあった波多野城の支城として築かれたという説があります。戦国時代には北条早雲が勢力を伸ばし、小田原城を中心に関東一円を支配しました。小田原征伐で後北条氏が滅亡し江戸時代になると、譜代大名の旗本であった大久保家が小田原藩を支配しました。時代が下って明治時代になると、明治4年(1871年)の廃藩置県で小田原県が設置され県庁所在地になりましたが、同年末には旧相模国と旧伊豆国が合併して足柄県となりました。5年後の明治9年(1876年)に再分割となり旧相模国は神奈川県となりました。昭和15年(1940年)に足柄下郡の小田原町、足柄町、大窪村、酒匂村、早川村が合併して市制を施行「神奈川県小田原市」が誕生しています。その後も下府中村、足柄上郡桜井村、豊川村、国府津町、片浦村、上府中村、酒匂町、下曽我村、足柄上郡曽我村、橘町を合併・編入して現在に至っています。

 

小田原警察署へのアクセス

最寄り駅は、JR東海道新幹線、東海道本線、湘南新宿ライン、小田急小田原線、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道大雄山線の小田原駅です。西口左側から伸びる路地をまっすぐ北上します。150m進むと神奈川県道74号線と交差する「社会福祉センター前」信号に出ますので右折して北上します。500mほど進んだ「税務署前」信号を右折、100mほど進んだ「神奈川県小田原合同庁舎」手前の丁字路を左折し、50mほどの右側です。徒歩11分。担当官が不在であることも多いので、古物商許可申請をする場合は事前に電話で予約をすることをおすすめします。

 

小田原警察署への地図

 

所在地および電話番号、URL

〒250-0042 神奈川県小田原市荻窪350番地の1
電話:0465-32-0110
https://www.police.pref.kanagawa.jp/ps/70ps/70_idx.htm

 

古物市場リストと古物商成功マル秘ファイルをプレゼント
何もかも自分で準備するのは時間と労力の無駄で、
いつまで経っても『許可申請』『免許取得』はできません!

で共有してモニターキャンペーン(半額)で申し込む
キャンペーン参加せず、定額で申し込む
古物商資格
古物商資格

ぜひ新日本総合事務所の古物商許可申請支援サービスをご利用ください!

\n

 

半額モニターシェア応募はこちら モニターシェアなし正規料金はこちら